レクサス、LSとLCを一部改良。乗り心地や安全性を向上

レクサスは2018年8月30日、フラッグシップセダンの「LS」および、フラッグシップクーペの「LC」を一部改良。全国のレクサス販売店で発売した。価格は、LSが981万4000〜1540万5000円。LCが1121万4000〜1680万5000円。

 

LSは、AWD車のアップデートや安全装備の見直しを実施

今回のLSの改良点は、AWDのショックアブソーバーに伸圧独立オリフィスを採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦を低減して乗り心地を向上させた。また、マルチステージハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニング、制振材の追加などを実施して静粛性を高めた。

さらに進化した予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準仕様に採用。進化ポイントは、「プリクラッシュセーフティ」では、単眼カメラとミリ派レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者が検知可能となった。また、「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト(LTA)」は、自動車専用道路などでレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援。このほか、カメラで主要な道路標識を読み取って、メーターおよびヘッドアップディスプレイ内表示する「ロードサインアシスト(RSA)」や、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイに表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」を搭載する。

 

LSの詳しい情報はこちら

 


LCは、走りの質感を高め、よりスポーティに

独創的かつ流麗なシルエットのフラッグシップクーペ「LC」の改良点は、おもに走りの味付け。具体的には、ステアリングサポートをアルミダイキャスト化して剛性をアップ。ブッシュの特性変更などを行うことでステアリングフィールを向上させた。さらに、ショックアブソーバーに伸圧独立オリフィスを採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減などで、乗り心地と操縦安定性を高めている。

ほかにも、ブレーキ制御やマルチステージハイブリッドシステムのチューニングなどを施すことで、ドライバーの意思に沿う滑らかな加速感を実現するなど、細部まで煮詰めることでLCならではのスポーティな走りを進化させた。

また、クラウドと車載機でのルート探索を融合したハイブリッドナビゲーションシステムを標準設定。使い勝手を高めた。

 

LCの詳しい情報はこちら

 

 


LS、LCともに「D-Call Net」に対応し、緊急時の対応力を高めた

事故や急病時に車両データを基に重症度を指定してドクターヘリなどの早期出動判断を行う「D-Call Net」に対応した。これにより、緊急時の対応力も高まっている。

 


レクサス

https://lexus.jp