NSX、走りを熟成させた改良モデルを発表! 納車は2019年5月から

ホンダは、スーパースポーツモデル「NSX」を改良し、2018年10月25日より全国の「NSX PERFORMANCE DEALER」で購入の申し込みを受け付け、2019年5月に発売する。価格は2370万円。

今回の改良は、おもにダイナミクス性能の熟成を図り、日常からサーキットでのスポーツ走行まで、ドライバーとクルマの一体感が生み出す操る喜びをさらに追求した。さらにフロントまわりやカーボンパーツの仕上げを変更。ワイド&ロー感をさらに高める仕立てとしている。また、ボディカラーに「サーマルオレンジパール」を追加した全8色、インテリアカラーも新色のインディゴを加えた全5色の展開とした。

 


[おもな変更点]

ダイナミクス性能

市街地からワインディングロード、サーキットでの限界走行域まで、あらゆるシーンでのコントロール性やアクセル操作におけるドライバビリティ、路面との接地感のさらなる向上を目指しダイナミクス性能を進化させた。具体的には、新開発の専用タイヤを採用。サスペンション各部を見直し、フロントスタビライザーを26%、リヤスタビライザーを19%、リヤコントロールアームブッシュを21%、リヤハブを6%とそれぞれ剛性アップ。クルマの基本性能を高める改良を実施している。

 

●インテグレーテッド ダイナミクスシステムの制御を最適化

このほか、走行シーンに応じて車両特性を選択できる「インテグレーテッド ダイナミクスシステム」の各モードの最適化や、アクティブダンパーシステム、VSA、EPSの各制御や「スポーツハイブリッド SH-AWD」の駆動配分制御の熟成などを行っている。これにより低中速域でのハンドリングのキレのよさや高速域での安定性を高次元で両立させた。また、限界走行域でのコーナリング時の高いGでのコントロール性や車両安定性も追求した。

さらにワイド&ローフォルムに

●フロント/リヤのメッシュパーツや、オプションのカーボンパーツをグロス仕上げに変更

ワイド&ローフォルムがさらに際立つようにエクステリアの質感を変更。フロントグリルを従来のシルバーからボディ同色に変更。ほかに、フロントとリヤのメッシュパーツやオプションの各種カーボンパーツを、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更。質感を向上させるとともにとシャープさを強調させている。

 

●オプションのカーボンセラミックブレーキローターには、ブレーキキャリパーの新色としてオレンジを追加

また、ボディカラーに「サーマルオレンジパール」を新設定。これは初代NSXで採用したイモラオレンジパールにインスピレーションを受けながら、現在の塗装技術で鮮やかなオレンジ色として作り上げた。さらに、カーボンセラミックブレーキローター(オプション)にも、ブレーキキャリパーの新色としてオレンジを追加している。

●インテリアに新設定のインディゴ

インテリアでは、上質感のあるインディゴを追加。レッドカラーは、セミアニリンフルレザーパワーシート(オプション設定)でも選択可能になった。

アルミ製スポーツペダルが標準化

装備面では、オプションのカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージに含まれていたアルミ製スポーツペダル&フットレストを標準装備とした。

 

見た目の変化はそれほど感じない改良だが、中身はかなり熟成していそう。

レーシングドライバー佐藤琢磨選手によるインプレッション動画(フルバージョン)も公開されているので、新しいNSXに興味がある人は公式ホームページをチェック!

 

なお、受注生産のため、納期の見通しは約半年から1年となっている。詳しくはNSX PERFORMANCE DEALERで確認のこと。熟成されたNSXを早く手に入れたいという人は、すぐに商談申し込みをしたほうがよさそうだ。

 

 


[価格]

〈4WD/3.5L・V6ツインターボエンジン+モーター/9速DCT〉

NSX:2370万円

 


ホンダ

https://www.honda.co.jp