ホンダ、アクティトラックに、「T360」と汎用製品をイメージしたボディカラーの特別仕様車「スピリットカラースタイル」を発売

●TOWN特別仕様車「スピリットカラースタイル」(ベイブルー×ホワイト)。奥はT360

ホンダは、軽商用車の「ACTY TRUCK(アクティ トラック)」に、ホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定、2018年11月9日に発売する。価格は113万5080〜126万4680円。

●「ベイブルー×ホワイト」
●「ベイブルー×ホワイト」

写真のとおり、今回の特別仕様車は、T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」の2トーンのボディカラーを採用する、雰囲気たっぷりの外観が特徴だ。

●ホンダのパワープロダクツ(汎用製品)をイメージした「フレームレッド×ブラック」のボディカラー
●「フレームレッド×ブラック」

そしてもうひとつ。ホンダのパワープロダクツ(汎用製品)をイメージした「フレームレッド×ブラック」も設定。リリースには”働く人を支えるスピリットを象徴する2トーンカラーが、毎日を明るく個性的に彩る”とあるが、何だかワクワクしてくるカラーリングだ。

どちらもベースグレードは「TOWN」。

2トーンカラーのボディ以外の特別装備はというと、荷台の側あおりに「HONDA」ロゴサイドステッカーが貼られ、ホワイト塗装のドアミラーとブラック塗装のアウタードアハンドル、センターホイールキャップを装着する。「ベイブルー×ホワイト」はさらにメッキモール付きのホワイト塗装フロントグリルを装着、ホイールはシルバー塗装の鉄チンホイールが組み合わされる。「フレームレッド×ブラック」のホイールはブラック塗装のホイール&ホイールナットで足元を引き締めている。

ちなみにシートはクリアライトブルーのファブリック仕立てだ。

単色でのカラーバリエーション展開というのは、最近の商用車では”フツウ”にあるが、ルーフとあおりがボディと塗り分けられた2トーンカラーは、ありそうでなかった新しさを感じるのでは?

●「TOWN」グレードがベース。インパネは仕事優先の割り切ったデザインで、これといった特別装備はない

 


[TOWN特別仕様車スピリットカラースタイルの価格]

〈2WD・660ccOHCエンジン〉

3速AT…121万0680円

5速MT…113万5080円

〈4WD・660ccOHCエンジン〉

5速MT…126万4680円

 

詳しい製品情報はこちら

 


ホンダ

https://www.honda.co.jp