マツダ、「キャロル」の一部改良で安全性能を強化

マツダは、セダン型軽自動車「キャロル」を一部改良。2018年12月20日に全国のマツダ販売店で発売した。価格は84万7800〜121万5000円。

今回の一部改良は、昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を含む先進安全装備を「GL」、「GS」、「GX」に搭載した。これにより経済産業省や国土交通省などが普及促進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当する。また、後退時の安全に配慮した「後退時ブレーキサポート」と誤発進抑制機能[後退時]も追加。走行時の車線逸脱警報機能とふらつき警報機能、夜間のハイビームアシスト機能、駐車時のリヤパーキングセンサーも新たに採用した。

エントリーグレードの「GF」は、後続車に急ブレーキを知らせる「エマージェンシーストップシグナル」を採用した。

●キャロルのインパネ

このほか、インテリアのパネルカラーとシート表皮カラーも変更した。また、「GS」と「GX」はHIDヘッドライト(+オートライトシステム)を採用する。

●全車、シート表皮カラーを変更した

 

なお、「キャロル」はスズキのOEM車で、先に改良を実施したスズキ アルトに準じた仕様変更となる。

 


[バリーション&価格]

〈660cc・CVT〉

GX:FF…121万5000円

GS:FF…110万4840円/4WD…120万5280円

GL:FF…95万3640円/4WD…105万9480円

〈660cc・5速MT〉

GF:FF…84万7800円

 

※JC08モード燃費は、FFのCVT車が37.0km/L、同5速MT車が27.2km/L、4WDが33.2km/L

※エコカー減税(取得税/重量税)は、FFのCVT車が免税、同5速MT車が40%/50%、4WDが80%/75%

 

キャロルの詳しい情報はこちら

 


マツダ

http://www.mazda.co.jp