ランボルギーニ、「ウラカン EVO」を発表。予測する車両運動制御搭載で、さらにエボる

Lamborghini Huracan EVO

ランボルギーニ ジャパンは2019年3月8日、スーパースポーツカー「ウラカン EVO(Huracán EVO)」を都内で初披露した。価格は3223万735円で、今春よりデリバリーを開始する。

Lamborghini Huracan EVO_01

今回発売する「ウラカン EVO」は、ウラカン ペルフォルマンテの優れた性能をベースとしながら、次世代車両力学制御と空気力学を取り入れた進化版である。一見では従来のクーペモデルとの違いはわかりづらいが、中身の進化は相当なもの、らしい。その進化はいかなるものか?

Lamborghini Huracan EVO
●「ウラカン EVO 」のローンチプロジェクトマネージャーを務めるヴィットリオ・ミラノ氏が車両概要をプレゼンテーション

 

Lamborghini Huracan EVO
●5.2リットルV10エンジンは、ハイスペックモデルのペルフォルマンテと同じ640馬力/600Nmを発揮する

エンジンはペルフォルマンテ!

まずはスーパースポーツカーらしさを際立たせたパワーユニットについてだが、「ウラカン EVO」は、ペルフォルマンテと同じ、5.2リットルV型10気筒自然吸気エンジンを搭載。最大出力は470kW(640HP)/8000rpm、最大トルクは600Nm/6500rpmを発揮する。乾燥重量は1422kgで、パワーウエイトレシオは2.22kg/HPに達する。これにより0→100km/h加速は2.9秒。9秒で200km/hに達すると言うから、その加速たるや。さらに100km/hからわずか31.9mで停止するという制動性能もすごい。ちなみに最高速度は325km/h以上とのこと。

「ウラカン EVO」は3つの進化を遂げているという。

Lamborghini Huracan EVO
●ウラカン EVO
Lamborghini Huracan EVO
●新デザインのフロントバンパー。下部に設けられたウイング形状の一体型スポイラーにより空力を向上させた

空気力学効率を最大限に

まずは、新デザインを取り入れることで空力性能が向上した。フロントバンパーのスポイラー部に開口部を設けたウイング形状とするとともに、リヤスポイラーも同様に開口部を持つ一体型スポイラーに改められた。これらの変更により従来モデルよりも7倍のダウンフォースを獲得。また、大型化したエアインテークによりエンジンの冷却性能を16%向上させている。さらにアンダーボディは空気力学効率を最大限に高める形状とした。これらにより空気力学効率は6倍向上しているという。

Lamborghini Huracan EVO
●リヤスポイラーにもフロント同様、開口部を設けている。これらによりさらにダウンフォースが増している

デザイン面でもうひとつ特徴的なのが、リヤコンビランプ間をメッシュパーツとするとともに大開口化。これはウラカンのレースカーをイメージさせ、「ウラカン EVO」が内に秘めたパワーやダイナミズムを表現しているという。

Lamborghini Huracan EVO
●リヤまわりも変更された。大開口のエアアウトレットはさながらレーシングカーのよう

 

 

Lamborghini Huracan EVO

応答性、俊敏さ、運転のしやすさを再定義

「ウラカン EVO」には、車両運動制御に予測ロジックを備えた新システムが初採用された。ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(=LDVI)と名付けられたビークルダイナミクス制御システムは、全輪駆動や前輪操舵システムと併用。ドライバーの次の動きを予測して最適制御する。従来の車両の挙動からフィードバックされて初めて制御を開始するパッシブ制御から、例えばサーキットなどで理想的なコーナリングをトレースできるよう予測(アクティブ)して制御するようになった。

さらにサスペンションシステムやトラクションコントロールシステムも進化。これらをLDVIが統合制御することで、俊敏かつ痛快なスポーツ走行を可能としている。

Lamborghini Huracan EVO
●メーターはフル液晶タイプ。ドライブモードが「STRADA」と「SPORT」のときはエンジン回転計表示が円形の針表示
Lamborghini Huracan EVO
●ドライブモードを「CORSA」にすると、フォーミュラカー然としたバーグラフのセグメント表示となる
Lamborghini Huracan EVO
●ステアリングホイール下部にモード切り替えスイッチがある
Lamborghini Huracan EVO
●エアインテーク形状も新デザイン

 

 

Lamborghini Huracan EVO
●センターコンソールには最新のインフォテイメントシステムを搭載。8.4インチの縦型タッチスクリーンで、車両のさまざまな操作設定が可能だ

先進のインフォテイメントシステム搭載

3つめの進化はコネクティビティ機能を備えたインフォテイメントシステムの搭載。センターコンソールには8.4インチのタッチスクリーンを配置。ハードキーは一切ない先進感あふれるもの。ドライバーは画面上で、シートの調節やエアコンの温度調節、LDVIシステムの状態など、車両の機能をリアルタイムで制御できる。操作にはジェスチャーコントロールも取り入れられている。また、Apple Car Playなどスマホ連携にも対応。iPhoneと接続すれば「Siri」を使ってさまざまな情報の取得も可能だ。前出のカーナビ機能のほか、webラジオが聞けたり、動画視聴などエンターテインメント機能も搭載する。

 

Lamborghini Huracan EVO
●ウラカンEVOのインパネまわり。オプションで軽量なカーボン仕様にも変更可能だという
Lamborghini Huracan EVO
●ウラカンEVOのシート。内装はアルカンターラと本革のコンビ。トリムはEVO専用カラー

 


 

■ウラカン EVO(4WD・7速DCT) 主要諸元 【寸法㎜・重量㎏】 全長×全幅×全高:4520×1933×1165 ホイールベース:2620 車両重量:1422 乗車定員:2人 【エンジン・性能】型式:ー 種類:V10DOHC 総排気量:5204cc ボア×ストローク:84.5mm×92.8mm 最高出力:470kW(640ps)/8000rpm 最大トルク:600Nm(61.2kgm)/6500rpm 使用燃料・タンク容量:プレミアム・83L WLTCモード燃費:ーkm/L  最小回転半径:ーm  【諸装置】サスペンション:前後ダブルウイッシュボーン ブレーキ:前後Vディスク タイヤ:前245/30R20/後305/30R20  *発表時のもの

 

Lamborghini Huracan EVO
●ウラカンEVO発表会に登壇した、日本および韓国のカントリーマネージャーを務めるフランチェスコ・クレシ氏(右)とローンチプロジェクトマネージャーのヴィットリオ・ミラノ氏(左)

 

<文と写真=編集部>

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


ランボルギーニ ジャパン

TEL:0120-988-889(月〜金曜日の9:00〜19:00)

https://www.lamborghini.com/