トヨタ「JPN TAXI」、車いすの乗降性を改善するなど一部改良を実施

JPN TAXI 一部改良

トヨタは2019年3月15日、タクシー仕様車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の一部改良を実施し、全国のトヨタ店、トヨペット店で発売した。価格は据え置きで327万7800〜349万9200円。

JPN TAXIは、車いす乗降用スロープの設置作業が複雑で時間がかかり、実際の使用場面において困難だとの指摘があり、2月4日に車いす乗降改善対応について公表していた。

JPN TAXI 一部改良

今回の一部改良の内容は前述の「乗降改善対応」がおもなもの。具体的には、車いす乗降スロープの折り畳み機構を、三つ折り式から二つ折りに変更。さらに延長用スロープを折り畳み構造から樹脂一枚板に変更するなど、設置作業を簡略化した。また、車いす乗降用スロープを1枚で単体使用できる機会を増やすため、スロープの長さを840mmから1100mmに延ばしている。

このほか、ベルト類を入れる収納袋を廃止して、フロアにポケットを設置し出し入れをしやすくしたり、設置作業手順を書いたラベルを各箇所に貼り付け、作業忘れ対策を施した。これらの改善により、スロープ設置から車いす固定などにかかる時間を3分程度に短縮できるという。

上記のほか、衝突回避または被害軽減に寄与するToyota Safety Senseのプリクラッシュセーフティに昼間の歩行者検知機能を追加。パワースライドドアの閉じる時間を従来の6.5秒から5秒に1.5秒短縮。料金トレイの位置を10cm低くし手の届きやすい位置へ変更。天候に応じて作動速度を2段階に切り替えできる間欠機能付きリヤワイパーを採用するなどの改良を実施した。

 


[バリエーション&価格]

〈FF・1.5L+モーター・電気式CVT〉

匠(たくみ)…349万9200円

和(なごみ)…327万7800円

*定員は5人(車いす乗車時は3人)

 

JPN TAXIの詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


トヨタ

https://toyota.jp/