2年ぶりの改良! スズキのクロスオーバーSUV「SX4 Sクロス」の安全装備が充実

スズキは2019年4月10日、コンパクトクロスオーバーSUV「SX4 Sクロス(S-CROSS)」の安全装備を充実させるなど一部仕様変更を実施。全国のスズキ販売店で発売した。価格は214万560〜235万6560円。

今回の一部仕様変更は、衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」のほか、フロントシートSRSサイドエアバッグやカーテンエアバッグ、アダプティブクルーズコントロールなどを標準装備化。安全装備を充実させた。このほか、フロント2スピーカー&リヤ2スピーカーを標準装備した。これらの仕様変更により従来モデルより価格が7万7760円アップしている。

●ミリ波レーダーを搭載。安全・快適性能を充実させた

 

●フロントシートサイドエアバッグとカーテンエアバッグを標準装備とした

 

「レーダーブレーキサポートⅡ」は、ミリ波レーダーにより前方の車両を検知、ブザー音や表示で警告するとともに自動ブレーキを作動させ衝突被害を軽減または回避する。自車速度が約5〜30km/hで作動。前方車両との速度差が約15km/h未満であれば衝突を回避できる場合がある。

●レーダーブレーキサポートⅡの作動イメージ

 

アダプティブクルーズコントロールは、約40km/hから作動し、ミリ波レーダーにより前方車両との車間距離を保ちながら自動で加速・減速する。前方車両がいない場合は設定速度をキープする。

●アダプティブクルーズコントロールの作動イメージ

 

 

 

SX4 Sクロスは、迫力のある外観に広い室内空間と荷室や、しなやかな走りを実現する足まわりなどを備えた乗用車とSUVのクロスオーバーモデル。コンパクトSUV「エスクード」とプラットフォームを共用。どちらもハンガリーのマジャールスズキで生産し、日本に輸入される。エスクードは1.4リットルターボエンジンを搭載し、現在は4WDのみ設定(2015年登場時にはFFもあった)するのに対して、SX4 Sクロスは1.6リットルエンジンにFFと4WDを設定、幅広いニーズに応える。

4WD車はスズキの新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を採用。高い走破性や走行安定性を発揮し、日常ユースからアウトドアシーンまで幅広く対応する。

ちなみにSX4 Sクロスは今回の仕様変更で、レーダーブレーキサポートⅡを標準搭載するなど安全装備を充実させたわけだが、エスクードは2018年12月の改良時に、単眼カメラとレーザーレーダーを搭載し、クルマと人を検知対象とする衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」や、全車速追従機能付きの「アダプティブクルーズコントロール」を搭載するなど、両車には安全・快適装備面での違いがある。

 

●SX4 Sクロスのインパネ

 

●SX4 Sクロスのインテリア

 


[おもな仕様変更点]

・ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」を搭載
・フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを装備
・アダプティブクルーズコントロール(作動速度域は約40km/h〜)を搭載
・助手席シートベルトリマインダーを装備
・エマージェンシーストップシグナルを装備
・フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーを装備

 


[価格]

〈1.6L・6速AT〉

SX4 Sクロス…FF:214万560円/4WD:235万6560円

 

SX4 Sクロスの詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


スズキ

http://www.suzuki.co.jp/

 

 

スズキ、「エスクード」の顔がりりしく! 安全装備を充実するなど一部仕様変更を実施