「GT-R」2020年モデル&生誕50周年記念車を公開! フェアレディZも

●GT-R 50th Anniversary

日産は2019年4月17日、6月に発売予定の「GT-R 2020年モデル」を発表。また今夏に正式発表となる「GT-Rニスモ2020年モデル」に加えて、「GT-R」生誕50周年を記念した限定車を公開。その舞台は、ニューヨークショー会場とNISSAN CROSSING銀座で同時に!である。

 

●「GT-R」2020年モデル。ボディカラーは新色のワンガンブルー

2020年モデルでさらにアグレッシブに

GT-R 2020年モデルには、これまでGT-Rニスモに採用してきたターボ効率化技術「アブレダブルシール」を搭載した。これは吸入した空気の漏れを最小限にする技術で、アクセル操作に即座に応えるレスポンスを実現。またRモードのシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定、コーナーの進入/脱出でより鋭さを手に入れた。併せてサスペンションも再チューニング、速さはもちろんのこと、乗り心地の質の高さも両立。ブレーキのブースター特性も初期の効き感を高めた設定とした。価格は、1063万1520〜1253万9880円と、約40万円上昇。

●GT-R2020年モデルのインテリア

 


●GT-Rニスモ2020年モデル

GT-Rニスモは軽量化に注力

GT-Rニスモ2020年モデルはさらにスゴイ。まず2018年のGT3マシンから使われている新型ターボを採用。このターボのブレードは枚数を減らすとともに形状も再設計。効率を落とさず軽量化、レスポンスも約20%向上した。またルーフやエンジンフードのみならずフロントフェンダーにカーボン素材を使用、しかもレーシングカーばりのエアダクト付き! ちなみにルーフはカーボンに加えてカーボンより低比重の材料によるサンドイッチ構造を採用、外装部品だけで約10.5kgも軽くなった。

そしてニスモは足元にも手を入れた。新開発のカーボンセラミックブレーキがおごられるのだ! これは世界最大級のサイズを誇り、世界トップクラスの制動性能、高Gでの効きのよさに加えて、一般道などでのコントロール性も両立した超高性能版。キャリパーだって剛性アップの新開発品となり、4輪合わせて約30kg軽量化。あわせてハイグリップタイヤやニスモ用鍛造ホイールも、新開発品がおごられる。ニスモの価格はまだ未発表だが、おそらくNSX(2370万円)を抜いて国産メーカー最高価格……となるはずだ。R35の進化はまだまだ続く!

●GT-Rニスモ2020年モデルのインパネ
●GT-Rニスモ2020年モデルのシート

 


●GT-R 50th Anniversary(ワンガンブルー×ホワイトステッカー)

50周年記念車は往年の日本GPマシンがモチーフ

1969年に登場したスカイラインGT-R。”洗練されたグランドツーリング性能”とレーシングテクノロジーが生み出す”圧倒的な速さ”を追求し走りの頂点を目指して進化してきた。

その生誕50周年を記念した「GT-R 50th Anniversary」は、2020年モデルのプレミアムエディションをベースに、日本グランプリシリーズで活躍したGT-Rのレーシングカーのエクステリアをモチーフに2トーンのボディカラーを取り入れた。カラーは2020年モデルの新色「ワンガンブルー」に専用ホワイトステッカーの組み合わせたもののほか、ブリリアントホワイトパールにレッドステッカー、アルティメイトメタルシルバーにホワイトステッカーの計3色を設定した。各カラーともリヤに「GT-R 50th Anniversary」の文字をあしらったエンブレムとステッカーが付く。

●リヤには「50th Anniversary」のステッカーが付く
●リヤの「GT-R」エンブレムの下に「50th Anniversary」のエンブレムがプラスされる
●左はブリリアントホワイトパール×レッドステッカー、右はアルティメイトメタルシルバー×ホワイトステッカー

さらにボディカラーにワンガンブルーを選べば、ブルースポークホイール(50周年記念ロゴ入り)が標準装備される。走行中はホイール全体が青く見え、車体色との一体感が高まる。

●ボディカラーにワンガンブルーを選ぶと50周年記念ロゴ入りブルースポークホイールが標準装備となる

インテリアは、上品なスポーティさを表現したミディアムグレーの専用内装色を採用。上質なセミアニリンレザーを使用するとともに、シートのサイド部は明るめのグレーを使うことで高級感を演出する。このほか、センターコンソールやメーター内、キッキングプレートに50周年記念ロゴが入る。

2020年3月末までの期間限定で、価格は1319万2200〜1351万6200円。

●GT-R 50th Anniversaryのインパネ
●GT-R 50th Anniversaryのインテリア。シートサイド部には少し明るめのグレーがアクセントとして入る

 


 

●フェアレディZ 50th Anniversary

フェアレディZにも50周年記念車を設定

1969年に発売したフェアレディZも2019年に50周年を迎えた。これを記念した「フェアレディZ 50th Anniversary」は、1970年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインをアレンジして再現。現行の「フェアレディZ」をベースに、ブリリアントホワイトパールのボディにバイブラントレッドの組み合わせと、ブリリアントシルバーのボディに、ダイヤモンドブラックの組み合わせの2種類のボディカラーを設定。これにフロントフェンダーにステッカー、リヤに50周年記念バッジを追加、専用デザインの19インチアルミホイールを組み合わせる。

インテリアはレーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールを採用。専用ステッチを施したパワーシート仕様とした。また、専用キッキングプレートをはじめ、シフトノブまわりやメーター内には50周年記念ロゴをあしらっている。このほか、50周年の特別感を感じられる専用装備を備えるという。2020年3月末までの期間限定のモデルとして今夏の発売を予定しており、現時点での価格は未定だ。

 


「GT-R NISMO 2020年モデル」と
GT-R&フェアレディZの「50th Anniversary」を動画でチェック!

 


NISSAN CROSSING銀座で実物をチェック!!

今回公開した「日産GT-Rニスモ」2020年モデルと同じくGT-RとフェアレディZの「50th Anniversary」は、引き続きNISSAN CROSSING銀座で展示するとのこと。気になる人は見に行ってみてはいかがだろう。

展示車両について詳しくはNISSAN CROSSING公式サイトにて確認のこと

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


日産

http://www.nissan.co.jp