リヤまわりがよりシャープに! ホンダ、「SHUTTLE(シャトル)」をマイナーチェンジ

ホンダは2019年5月10日、コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」のマイナーチェンジを実施。全国のホンダ販売店で発売した。価格は177万5520〜272万1600円。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを刷新、より上質感の高いものとしたほか、防音材の見直しによる静粛性の向上(ハイブリッドZホンダセンシングおよびハイブリッドXホンダセンシング)、先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」にオートハイビーム(LEDヘッドライト装着車)を追加するなど商品力を向上させた。

●ハイブリッドZ ホンダセンシング
●ハイブリッドX ホンダセンシング

外観上の変更点としては、低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後バンパーやフォグランプの形状を変更した。さらにテールゲートとリヤコンビネーションランプのデザインを一新することで、リヤビューのシャープさを際立たせた。また、アウタードアハンドルや前後バンパー、サイドシルなどにクロームメッキパーツを配し、上質感を演出する。

●ハイブリッドZ ホンダセンシングは、新意匠の16インチアルミホイールを採用。放射状のスポークデザインとなり、より大きく見える造形になっている

 

 

●ハイブリッドZ ホンダセンシングのインパネ
●ハイブリッドZ ホンダセンシングに、新たに本革シートをオプション設定

インテリアは、上品な光沢感のあるピアノブラック加飾を施した。さらにシートデザインを刷新するとともに、上級グレードのハイブリッドZ ホンダセンシングには、新たに本革シートを設定。仕立てのよい上質な室内空間になった。また、リヤセンターアムレストにカップホルダーを追加。使い勝手も向上させている。

●ハイブリッドZ ホンダセンシングのインテリアにピアノブラック加飾を採用
●後席のセンターアームレストにカップホルダーが追加された

 

●LEDヘッドライト装着車にオートハイビーム機能が付いた

安全装備としてホンダセンシングに従来能8種類の機能に加えて、オートハイビームを追加。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、視界を確保するほか、切り替え操作の頻度低減にもつながる。

 

●新色の「ブリティッシュグリーンパール」

このほか、ボディカラーに「ブリティッシュグリーンパール」を新設定。全8色展開となった。

 


[バリエーション&価格]

〈1.5Lエンジン+モーター・7速DCT〉

ハイブリッドZ ホンダセンシング:FF…255万9600円/4WD…272万1600円
ハイブリッドX ホンダセンシング:FF…237万4920円/4WD…256万9320円
ハイブリッド ホンダセンシング:FF…211万8960円/4WD…231万3360円

〈1.5Lエンジン・CVT〉

G ホンダセンシング:FF…177万5520円/4WD…196万9920円

 

シャトルの詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


ホンダ

https://www.honda.co.jp/