スバル「フォレスター」を一部改良。後席荷物の置き忘れを知らせる機能を採用

●Xブレイク(マグネタイトグレーメタリック)

スバルは2019年6月10日、ミドルクラスSUV「FORESTER(フォレスター)」の一部改良を実施。7月18日に全国のスバル販売店で発売する。価格は280万8000〜309万9600円。

 

●新色としてマグネタイトグレーメタリックを設定

今回の一部改良では、後席の荷物などの置き忘れをブザーと画面表示で知らせる「リヤシートリマインダー」を新たに採用。機能性を高めた。さらに新色として緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いが特徴の「マグネタイトグレーメタリック」をダークグレーメタリックに代わり設定した。

「フォレスター」は、スバルの最量販車種に位置づけられるグローバル戦略車である。現行モデルはスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能と危険回避性能を実現。2018年度のJNCAP衝突安全性能評価では最高得点を獲得し、「大賞」を受賞している。また、同年のJNCAP予防安全性能評価でも最高ランク「ASV+++」を獲得。幅広い領域において安全性の高さが評価されている。

ちなみに「フォレスター」のグレード別販売構成比では、「e-BOXER」搭載の「アドバンス」グレードが全体の約半数の47%(*)を占めており、水平対向エンジンとモーターアシストによる軽快な加速がユーザーから好評を得ているとのことだ。

 

*2018年6月20日から2019年5月31日までの累計販売構成比

●アドバンス

[バリエーション&価格]

〈4WD・2L水平対向4気筒エンジン+モーター・8速CVT〉

アドバンス…309万9600円

〈4WD・2.5L水平対向4気筒エンジン・8速CVT〉

プレミアム…302万4000円
Xブレイク…291万6000円
ツーリング…280万8000円


●Xブレイク

 

●プレミアムとアドバンスにオプション設定される本革シート

 

 

フォレスターの詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの

<2019年6月11日:情報を修正しました>


スバル

https://www.subaru.jp/