スズキ、アルトに初代誕生から40年を記念した「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」を設定

スズキは2019年6月13日、軽自動車「アルト」の初代誕生から40年を迎えたことを記念した「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」を設定。2019年6月13日に全国のスズキ販売店で発売した。価格は95万5800〜106万3800円。

「アルト」は、小さなクルマに求められる運転のしやすさや使い勝手のよさ、安全性、経済性の高さ、購入しやすい価格設定、多用途に使える実用性を備えた軽自動車だ。初代は、1979年5月に「アルト47万円」という低価格をうたった宣伝広告で衝撃デビューを飾った。以降、環境性能や安全性能をはじめ、自動車を取り巻く社会環境やユーザーのニーズに応え、8代にわたって進化を続けてきた。そんな「アルト」の国内累計販売台数は、スズキ車最多の514万台(2019年3月現在)に達している。

 

●40周年記念特別仕様車 Lリミテッド(オプションのディスチャージヘッドランプ装着車)

 

今回設定した「40周年特別仕様車 Lリミテッド」は、L スズキセーフティサポート装着車をベースに、カラードタイプの電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラス(リヤドア、バックドア)、UVカット機能付きガラス(全面)などの快適性を向上させるアイテムを特別装備。インテリアをブラック基調とするとともに、ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)や、サテンメッキ調のエアコンサイドルーバーリング&センタールーバー、メッキインサイドドアハンドルを装備し、特別感のある仕立てとしている。

●サテンメッキ調やピアノブラック調の加飾を施した特別感のあるインテリア
●ピアノブラック調のドアアームレストを特別装備
●リヤまわりをスモークガラス化するとともにガラス全面にUVカット機能が付く

エクステリアには、バックドアに「40th Anniversary」エンブレムを装着する。ボディカラーは鮮やかな「ブリスクブルーメタリック」を特別設定し、全5色を用意する。

●アルトワークスに設定のある鮮やかな色合いの「ブリスクブルーメタリック」を特別設定。ほかにピュアレッド、シルキーシルバーメタリック、ルーイッシュブラックパール3、ピュアホワイトパール、を用意する

 

安全装備として、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを標準装備。これにより経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

 


[特別装備]
ベース車:L スズキセーフティサポート装着車

〈快適装備〉
・電動格納式リモコンドラミラー
・カラードドアミラー
・ヒーテッドドアミラー(4WD車)
・スモークガラス(リヤドア、バックドア)
・UVカット機能付きガラス(全面〈ベース車はフロント、フロントドアに装備〉)

〈内外装〉
・インパネカラーパネル[ブラック]
・ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)
・エアコンサイドルーバーリング[サテンメッキ調]
・エアコンセンタールーバー[サテンメッキ調]
・メッキインサイドドアハンドル
・専用エンブレム[40th Anniversary](バックドア)
・ボディカラーは特別設定の「ブリスクブルーメタリック」を含む全5色

〈その他〉
・オーディオレス仕様

 

ちなみにベース車のL スズキセーフティサポート装着車の価格(FF…95万3640円/4WD…105万9480円)と比べて、FFは2160円高、4WDは4360円高となっており、買い得感の高さを価格設定でもアピール。

ただし、ベース車に標準装備されるCDプレーヤー(AM/FMラジオ付き)を省いたオーディオレス仕様としており、これをオプション装着すると1万800円がプラスされる。単純にCDプレーヤーが標準装備されるベース車プラスαとして考えると1万2960〜1万5160円高ということになる。

とはいえ、カーナビや好みのオーディオシステムの装着を想定していればムダも省けるし、アルトワークスに設定する「ブリスクブルーメタリック」を選べるから、特別感も高く、オトクに購入したいという人にはうってつけのモデルだろう。

 


[バリエーション&価格]

〈660cc直3エンジン・CVT〉

40周年記念特別仕様車 Lリミテッド:FF…95万5800円/4WD…106万3800円

 

「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」の詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


スズキ

http://www.suzuki.co.jp/