「グッドウッド」でトヨタの新型スープラや700馬力のドリフトマシンなどがヒルクライム!!

トヨタは2019年6月28日、英国・グッドウッドで7月4日(木)〜7日(日)に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、新型スープラとそのドリフトマシンを含む3台をヒルクライムコースで走行させると発表。さらにTOYOTA GAZOO Racing(TGR)のモータースポーツ活動で活躍するレーシングカーやラリーカーなどを展示する。

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、世界各国のレーシングカーやモーターサイクルなどが走行し、毎年モータースポーツファンが国内外から集まるイベント。

 

●GRスープラ(写真は日本仕様)

2018年はカモフラージュされたスープラでの走行だったが、今回はすっぴんの市販版。ハンドルの握るのは昨年同様に多田哲哉氏だ。

 

●Toyota GR Supra Drift by HKS

このほか、カスタムパーツメーカーHKSが手がけたドリフトマシン「Toyota GR Supra Drift by HKS」も走行する。このマシンはHKS製ターボなどを搭載して700馬力を絞り出すモンスターマシン。ドリフト選手としても活躍する谷口信輝選手がドライブする。

 

●GR Supra GT4 Concept

さらに、GT4などのカスタマーモータースポーツでのさらなる可能性を検討するために開発し、2019年3月のジュネーブ国際モーターショーで初披露された「GR Supra GT4 Concept」も走行する。ドライブするのは、FIA世界耐久選手権(WEC)で活躍中のTGRドライバー、マイク・コンウェル選手だ。

 

展示車両は、2019年のル・マン24時間レースで優勝を飾ったTS050ハイブリッドの8号車のほか、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したGRスープラ、ダカールラリー2019を制したハイラックス、今シーズンのFIA世界ラリー選手権(WRC)ですでに3勝しているヤリスWRCのレプリカのほか、GRスープラ市販モデル、ヤリス GRMN、ジュネーブショーで披露したカローラGRSを予定する。

このほか、1980年代や90年代のセリカ ワールドラリーカーや、AE86型カローラ、2008年トヨタTF108フォーミュラ1カーなど、個人・非公式のヒストリック車両の参加も予定されている。

 

 


トヨタ

https://toyota.jp/