マツダ軽初の夜間歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ採用! 「スクラムバン&ワゴン」を一部改良。安全性能向上と使い勝手を向上

マツダは2019年7月4日、軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良し、同日より発売した。

●スクラムバン PAスペシャル
●スクラムワゴン PZターボ

 

今回の改良は安全性能と室内の使い勝手の向上がおもなメニュー。

具体的には、スクラムバンの「PAスペシャル」、「PCスペシャル」、「BUSTER(バスター)」とスクラムワゴン全車に、マツダの軽自動車としては初となる夜間歩行者検知機能を備えた「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」および、後退時のペダル踏み間違いによる急加速を抑制し、衝突被害を回避もしくは軽減する超音波センサータイプの「後退時ブレーキサポート」などを新たに設定。これにより経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当した。

また、室内の使い勝手については、前席上部の「オーバーヘッドシェルフ」をスクラムバンに全車標準装備とした。このほか、「PA」と「PAスペシャル」のユーティリティナットを12個に増やし、荷室アレンジの自由度が広がった。スクラムワゴンは「PZターボ」を従来のノーマルルーフからハイルーフ仕様(全高1910mm)に変更。これにより乗員の頭上空間が広がり、ゆとりのある室内空間と、より多くの荷物を積める荷室を実現した。

ちなみに「スクラムバン」、「スクラムワゴン」はスズキのOEM車だ。

 


[一部改良の概要]

■スクラムバン(PAスペシャル、PCスペシャル、バスターのみ)・スクラムワゴン共通

・夜間の歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」をマツダの軽自動車として初採用。「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当

・DCBS装着車には被害軽減ブレーキ情報表示を追加した3連メーターを採用(標準は単眼メーター)

・「後退時ブレーキサポート」をスクラムバン・ワゴンとして初採用し、駐車時などの衝突リスク回避に貢献

・誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、リヤパーキングセンサー、ハイビームアシストと、スクラムバン・ワゴンとして初設定。安全性を向上

■スクラムバン

・前席上部にA4サイズの書類を収納可能な「オーバーヘッドシェルフ」を全車標準装備(PA、PAスペシャル以外は従来から標準装備されていた)

・PA、PAスペシャルの「ユーティリティナット」の数を10個から12コイン増設

・夜間走行時の安全性を向上させる「オートライト」機能をDCBSとの組み合わせで追加(PAスペシャル、PCスペシャル、バスターに設定)

・PAスペシャルとバスターのトランスミッションを従来の5速AGSから4速ATに変更

■スクラムワゴン

・PZターボをハイルーフ仕様に変更。室内高が1420mm(従来比+105mm)となり、広々とした室内空間と荷室の積載性を向上

・オーディオガーニッシュを従来の180mmから200mmワイドに変更(全グレード)

 


[バリエーション&価格]

■スクラムバン(商用)

95万400円【「PA」ハイルーフ・2WD・5速MT】〜140万1840円【「バスター」ハイルーフ・4WD・4速AT】

■スクラムワゴン(乗用 *全車4速AT)

149万400円【「PXターボ」ハイルーフ・2WD】〜183万6000円【「PZターボ スペシャル」ハイルーフ・4WD】

 

スクラムバンWEBカタログはこちら

スクラムワゴンWEBカタログはこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


マツダ

https://www.mazda.co.jp