「e-Assist」がステレオカメラ仕様に!三菱自動車「ミニキャブバン」と「タウンボックス」の一部改良を実施。安全性能を強化

三菱自動車は2019年7月11日、軽商用車「ミニキャブバン」と軽乗用車「タウンボックス」の一部改良を実施、同日より発売した。

●ミニキャブバン「M」
●タウンボックス「G」

 

今回の改良は、「ミニキャブバン」のブラボーターボ、G、「タウンボックス」の全車に機能を強化した先進予防安全技術「e-Assist」を標準装備した。

「e-Assist」の機能強化について具体的には、衝突被害軽減ブレーキ(FCM)を従来のレーザーレーダーからステレオカメラタイプに変更。これにより前方歩行者の検知が可能となった。さらに作動車速域を約5km/h〜約100km/hに拡大(従来モデルは約5km/h〜約30km/h)した。また、後方誤発進抑制機能や後退時ブレーキサポート、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト機能を新たに搭載。安全性能を向上させた。

このほか「ミニキャブバン」のブラボーターボ、G、「タウンボックス」の全車にヒルスタートアシストを追加。坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える際、ブレーキを最大約2秒間キープし、車両の後退を一時的に抑えられる。

なお、機能強化版「e-Assist」搭載グレードについては、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する安全運転サポート車の「サポカーS ワイド」に該当する。

 

ちなみに「ミニキャブバン」、「タウンボックス」はスズキのOEM車だ。

 


[バリエーション&価格]

■ミニキャブバン(商用)

96万8760円【「M」ハイルーフ・2WD・5速MT】〜156万7080円【「ブラボーターボ」ハイルーフ・4WD・4速AT】

■タウンボックス(乗用 *全車4速AT)

168万2640円【「G」ハイルーフ・2WD】〜188万7840円【「Gスペシャル」ハイルーフ・4WD】

 

ミニキャブバンWEBカタログはこちら

タウンボックスWEBカタログはこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


三菱自動車

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/