新型クラウンもうすぐデビュー!! その進化を見よ!

トヨタ クラウンがいよいよフルモデルチェンジ!

1955年、純国産乗用車として誕生した初代クラウンは、“日本人の頭と腕”で世界に誇れるクルマを造るという、創業者である豊田喜一郎の思いを実現したクルマである。

 

「クラウンの歴史は挑戦と革新の歴史」

それから63年。歴代のクラウンは14代にわたって、つねに新しいことに挑戦し続けてきた。クラウンという車名と「王冠」のエンブレムを受け継ぎ、日本のモータリゼーションをけん引してきたのだ。

15代目となる新型クラウンは、その伝統を受け継ぎながらも、それに甘んじることなく、「見るものを引きつけ、心に響くクルマにしたい」という作り手のこだわりと熱い想いが込められ、さらなる進化を遂げた。正式発表を前に披露されたプロトタイプで詳しく見ていこう。

 

新型クラウンの大きな革新は、まず、車種体系に表れている。これまで、ショーファー向けの「マジェスタ」、法人需要を意識した「ロイヤルサルーン」、そして、個人ユーザー向けの「アスリート」とそれぞれに違った価値観のラインアップとなっていた。

13代目で「ゼロクラウン」として若返りを図ったが、これが、よくも悪くも「クラウン」のイメージを強くし、そこから脱却できない一因ともなっていた。

 

新型では、それらの価値観を一度捨て去って、新たなクラウンの方向性を凝縮。究極の1台として他を魅了するモデルに仕立て上げた。デザイン面での統一を図ったうえで、コンフォートとスポーティの2タイプの仕様を用意する。

もうひとつのトピックは、デザインや走り、安全性能の進化はもちろん、クルマの機能を拡張するコネクティッドという価値を新たに取り入れた、初代コネクティッドカーとしての重責を担うことになるという。

新型クラウンを開発する上でのキーワードは「世界で戦えるクルマ」。

まず、これを体現するためにデザイン面で大きく変わったのが、新たに6ライトウインドーを採用したことだ。サイドシルエットを見てみると、今までの「王冠」エンブレムが鎮座する太めのCピラーがなくなり、ロングノーズかつ低いキャビンによる流麗さを獲得。

フロントマスクはこれまでの“ぶ厚い顔”からグリル部を低く、水平に広がる端正な顔つきとし、タイヤに巻き付くようなフェンダーの造形によりワイド&ローが引き立つ意匠としている。ヘッドライトのデザインも薄くシャープな造形だ。

リヤまわりは、リヤコンビランプはヘッドライト同様のモチーフでシャープでエレガントイメージを強調。斜め後ろから見ると、キャビンとサイドが融合しながらリヤまわりで大きく絞り込む造形により、タイヤの張り出し感としっかりしたふんばり感を表現しているのがわかる。

 

インテリアのキーワードは「シンプルエモーション」。薄型のインパネで開放感を演出するとともに、シンプルで質感の高い加飾とファブリックをあしらうことで上質感を演出。中央には運転中も視線移動が少なく見やすいダブルディスプレイを採用する。新開発のメーターは、目盛りや文字が浮いているように見え、先進的で視認性に優れるタイプ。

このほか、コンソールの触感やスイッチ類の操作フィーリング、カップホルダーのしっとりとした動きなど、ひとつひとつていねいに造り込んだ“五感に響く”品質が自慢だ。

●高級感漂う本革仕様のインテリア。ニュートラルベージュと呼ばれる内装色だ
●こちらはファブリック仕様。内装色はテラロッサ。シックな風合いながらアクセントが映える
●後席は足元に余裕があるだけでなく、座り心地も上質だ

 

パワートレーンは3種類を用意。

力強くダイレクトな加速と10段変速によるリズムカルな変速が得られる3.5LのV6マルチステージハイブリッドシステムを筆頭に、優れた動力性能と低燃費を実現する2.5Lダイナミックフォースエンジン搭載のハイブリッド。そして、素早い変速とスムーズな加速を実現する2L直噴ターボエンジンを設定する。

●3.5L V6+モーター・10速CVTのマルチステージハイブリッド
●2.5L直4+モーター・6速CVT
●2L直4直噴ターボ・8速AT

 

安全装備も最新仕様が全車標準!

安全装備は、2018年1月にマイチェンしたアルファード/ヴェルファイアから搭載された、第2世代のトヨタセーフティセンスを全車に標準装備。自転車や夜間の歩行者検知も可能なタイプだ。レーントレースアシストは車線の中央走行をサポート。車線をはみ出しそうなときはブザーとディスプレイ表示に加え、ステアリング制御が作動する。駐車場などで有用なパーキングブレーキサポートも装備する。

 

このように、あらゆる面でクルマ造りを見直し、新たな道を開く15代目クラウン。正式発表が待ち遠しいところだが、その走りの実力は2018年6月20日発売のドライバー8月号でプロトタイプ試乗インプレッションとして先出し掲載。気になる人は要チェックだ!

 

さらに初代から最新型までを網羅した、ドライバー特別編集「トヨタ クラウン完全ファイル」(2018年6月下旬発売)を読めば、クラウンのすべてがわかる!

歴代クラウン、初代から新型まで! 「トヨタクラウン完全ファイル」発売決定!