夜間歩行者も検知! ソリオ&ソリオ バンディットの予防安全技術の機能を強化

スズキは2018年7月2日、ハイト系コンパクト「ソリオ」、「ソリオ バンディット」の一部改良を実施。安全装備を充実させ全国のスズキ販売店で2018年7月20日から発売する。価格はソリオが145万9080〜217万9440円。ソリオ バンディットが194万4000〜216万8640円。

今回の一部改良では、安心・安全な運転を支援する予防安全技術「スズキ セーフティサポート」の機能を充実(ソリオGおよびハイブリッドMXにオプション、ほかは標準装備)させたほか、内外装の意匠変更などで商品力を高めた。

具体的には、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラサポート」に夜間の歩行者を検知する機能、アダプティブクルーズコントロール、ハイビームアシストを追加。さらに後進時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用し、前後の予防安全性能を向上させた。これにより、経済産業省や国土交通省などが普及を促進する「セーフティサポートカー」の「サポカーS」に該当する。

また、全方位モニター用カメラに、周囲を360度確認できる「3Dビュー」と、車両周辺に人などが近づいてくることを知らせる「左右確認サポート機能」を追加。ソリオ ハイブリッドMZとハイブリッドSZ、ソリオ バンディットにSRSカーテンエアバッグを標準装備化した。

 

●ソリオ ハイブリッドSZ(クラレットレッドメタリック)
●ソリオ バンディット ハイブリッドSV(ラッシュイエローメタリック)

エクステリアは、フロントまわりを中心にデザイン変更を実施。ソリオはフロントロアグリルにメッキ加飾を追加し上質な印象に、ソリオ バンディットはフロントバンパーとグリルを意匠変更することで存在感のある印象として、それぞれの個性をより引き立てた。バックドアガーニッシュや15インチアルミホイール(Gを除く)の意匠も変更している。

 

●ソリオ ハイブリッドSV
●ソリオ ハイブリッドSV

インテリアは、シートやドアトリムの表皮を変更したほか、メーター盤面のデザインを変更している。またハイブリッド車では、エコモードスイッチの位置をステアリングに移設して使い勝手を高めた(ソリオSX、SZ、バンディットSVグレードに設定)ほか、スポーティな走りが楽しめるパドルシフトを新たに採用(ソリオMXグレード除く)した。

 

ボディカラーは、新色の「クラレットレッドメタリック」と、新採用色「ラッシュイエローメタリック」を含め、ソリオは全9色、ソリオ バンディットは8色+5通りのブラック2トーンルーフの全13色を設定する。

 


[バリーション&価格]

■ソリオ バンディット

〈1.2Lハイブリッド・5速SMT〉

ハイブリッドSV……FF:216万8640円

〈1.2Lマイルドハイブリッド・CVT〉

ハイブリッドMV……FF:194万4000円/4WD:207万360円

■ソリオ

〈1.2Lハイブリッド・5速SMT〉

ハイブリッドSZ……FF:217万9440円
ハイブリッドSX……FF:201万9600円

〈1.2Lマイルドハイブリッド・CVT〉

ハイブリッドMZ……FF:195万4800円/4WD:208万1160円
ハイブリッドMX……FF:170万3160円/4WD:182万9520円

〈1.2L・CVT〉

G……FF:145万9080円/4WD:158万5440円

 

 

●ソリオ バンディット ハイブリッドSV
●ソリオ バンディット ハイブリッドSV

 

ソリオの詳しい情報はこちら

ソリオ バンディットの詳しい情報はこちら

 


スズキ

http://www.suzuki.co.jp