ダイハツ、アルティスを一部改良。安全性能と利便性を向上

ダイハツは2018年8月1日、「ALTIS(アルティス)」の一部改良を実施し、全国のダイハツ販売店で発売した。価格は353万1600円。

今回の一部改良では、低速走行時に前後方向の障害物を検知して、自動ブレーキを作動させる「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備。安全性能を向上。さらに「LEDサイドターンランプ付きオート電槽格納式リモコンカラードドアミラー(メッキ加飾/運転席ワイドビュー/ヒーター付き」を採用して利便性を向上させた。

ボディカラーにエモーショナルレッドⅡを新たに採用した。

 

ちなみに、同日一部改良を実施したトヨタ カムリのOEM車だが、アルティスにはスポーティグレードの追加はなく、従来同様Gグレード(FF・2.5Lエンジン+モーター・電気式CVT)のみ設定となっている。

 

 

アルティスの詳しい情報はこちら

 


ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp