発売30年の節目に作業開始!“初代”A70スープラをレストアする【第0話:引き取った沖縄から自走で帰ってみた】

●那覇港にて出港を待つスープラ。

2019年、トヨタ・スープラが復活しましたね!
さて、スープラの国内向け初代モデル「A70型」は1986年に登場していますが、奇しくもちょうどそれから30年経った2016年、姉妹誌の旧車専門誌『オールドタイマー』編集長は最初期型のスープラのオーナーとなるべく、現車確認もせぬまま沖縄へ向かったのでした。

沖縄→鹿児島→埼玉2000㎞オーバーの旅を決意する

人の運命なんてわからない。4月9日の朝、私はなぜかスープラというクルマのステアリングを握り、なぜか鹿児島中央駅の観覧車を見上げていた。目の前でデジタルメーターがピコピコ明滅している。私は誰? ここはどこ? のゲシュタルト崩壊寸前である。

2カ月前、こんなゲシュタルトな予定はなかった。いつもの土曜日と同じく寝ぼけまなこで居間のテレビをつけ、「にじいろジーン」とか「ぶらり途中下車の旅」をボ~っと見て過ごす時間である。九州自動車道に乗り東京方面へ走り出しても、しばらく「現実」とは信じられない。まさにメルヘンの世界に迷い込んだ気分。スープラはカボチャの馬車?

ことの発端はこうだ。ふだんは挨拶代わりにまわし蹴りをくらわしてくるカミさんが、珍しくピースフルな話題を振ってきた。
「友だちのお義父さんがクルマを処分するけど、いらないかって。スープラだってよ」。そのオーナーさんは沖縄で病院を営んでいるという。

ふーん、スープラか。初めはあまり興味がなかったのだが、1986年式のワンオーナー車と聞いて身を乗り出した。送られてきた写真を見れば、フロントエンドが特徴的な初期のA70型、しかも3.0ターボGT。7M-GTEUエンジンを積んだレアなナローボディが沖縄に生き残っていたとは! ボディにはところどころサビがあるし、インテリアもこんがり焼けているが……事情があってか引き取り手がいなければ廃車にしてしまうらしい。

10分ほど考えて、譲っていただくことにした。何か「縁」を感じたのである。飛行機で沖縄に行き、クルマを譲り受けて那覇港発・鹿児島新港行きフェリーに積む。そして鹿児島からひたすら自宅のある埼玉を目指す計画だ。もちろん不安だらけ。
いかに現役のクルマとはいえ、齢30年のネオクラシック。長旅でどこが壊れるかわからない。ひとりでは心細いのでカミさんも連れていくことにした。夜の山道で故障したときは、集落への伝令係くらいになるだろう、と。

●今回の長旅に備え、整備書、取扱い説明書、ヒューズを用意した。インパネのスイッチが多いので取説が役立った。

4月7日、昼前に那覇空港に到着。そして、オーナーさんのいる病院で初めてスープラとご対面した。なるほどサビはある。しかし沖縄で30年間走っていたクルマとしてはグッドコンディションではないか。
「40年くらい前、東京の病院に勤めてたとき、カマロに乗ってたんです。それを沖縄に持ってきたらクーラーが効かない。すぐオーバーヒートですよ。こりゃ国産車じゃなきゃダメだと思ってね」とオーナーさん。

●ルーフにサビはあるものの、ボディサイドはキレイなもの。早く手当してやりたい。なお、純正サイドバイザーは激レアパーツらしい。
●デジタルメーターも現役。ただし燃料計は増えたり減ったりで当てにならなかった。右は当時の先端装備、電子制御サスペンション「TEMS」(テムズ)のモニター。

スポーティカーがほしかったのでフェアレディZ、RX-7が候補に上がったが、家族5人と愛犬を乗せて出かけられるクルマは、このスープラしかなかったという。それから30年、幼かったお子さんたちは立派な医師となり家庭を持った。スープラは家族の思い出が詰まった特別なクルマなのだ。
「いやあ、本当に名残惜しい。娘を嫁に出すようなもんですよ……」とオーナーさんはシミジミ言う。えっ、このクルマは女の子? というツッコミはさておき試乗とあいなった。
外気温は28度。渋滞で水温が上がらないだろうかと心配したものの、まったくの杞憂。驚くことにクーラーがよく効く。さすが沖縄で30年間、車検を切らさずに維持されてきたクルマだ。5ナンバーボディに3ℓターボだから走りもいい。狭い路地も、Uターンもラク。なにより乗り心地のよさに感激した。さすがバブルを迎えんとする時代の高級GTである。

●「後は頼みますよ!」と取材当時72歳のオーナーさんからキーを託された。責任重大である。