王冠エンブレムの杞憂「9代目クラウン」

●セダンとステーションワゴン&バンは一部改良程度。でも、やはり「あれ」がない

1991(平成3)年10月に登場した9代目。この代から、クラウン初のフルモノコックボディを採用した「マジェスタ」が登場。ロイヤル系のボディも、先代までの水平基調からウエッジシェイプを効かせたものへ一新。法人向けの重厚なマジェスタ、パーソナルで若々しいロイヤルと、シリーズの差別化を図りました。
その9代目前期型。15代目新型と共通点があるのですが……。そう、ロイヤル、マジェスタともCピラーの王冠マークがないのです。

「格調と若々しさの融合」をコンセプトとしたロイヤル。マジェスタと同様、ハイデッキのリヤエンドとしながらテールライトを小型化し軽快さを狙ったのですが、尻下がりに見えるリヤビューが “らしくない” と評価され、販売不振に。そこで93(平成5)年8月のマイナーチェンジで、ロイヤル系はリヤまわりのデザインを一新。テールライトの大型化に伴いリヤクオーターパネルも変更する大がかりなものでした。それと併せてCピラーの王冠エンブレムも復活。

●後期型ロイヤル。俯瞰のアングルはコンプレックスから?

この9代目。ペリメーターフレームとの決別をはじめ、のちに5速AT車や4WDの追加など振り返ると意欲作ではありましたが、挑戦的なスタイルは、既存のクラウンオーナーには響かなかったということでしょう。

6ライトのクーペ風のスタイルに生まれ変わった15代目。マイナーチェンジで “しれっと” Cピラーに王冠復活……なんてことがありませんように。

●15代目新型。オプションでCピラーの王冠エンブレム、あります

そんな新型のコンセプトやデザイン、また歴代六十余年の変遷を1冊にまとめた「トヨタクラウン完全ファイル」。好評発売中です。

https://www.yaesu-net.co.jp/mook/tachiyomi/mook/702.html#page1