[TAS2019]スバルはSTIチューンのフォレスターe-BOXERに注目!!

スバルは2018年12月25日、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、2019年1月11日〜13日に開催される「東京オートサロン2019」(幕張メッセ・千葉県千葉氏)の出展概要を発表した。

●FORESTER(STIコンセプトモデル)
●IMPREZA(STIコンセプトモデル)

今回のスバルブースでは、STIとコラボレーションした「FORESTER(STIコンセプトモデル)」や「IMPREZA(STIコンセプトモデル)」を展示するほか、走りの楽しさや走行安定性を追求したSTI製パフォーマンスパーツを装着した「LEVORG(カスタムパーツ装着モデル)」、WRX STIをベースに専用装備を施した「WRX STI(カスタムパーツ装着モデル」も用意する。

さらに、2018年にクラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両「WRX STI NBR CHALLENGE 2018」やスーパーGT参戦車両「SUBARU BRZ GT300 2018」も展示する。

 

また、期間中はブース内で、スーパーGTやニュル24時間レースに参戦する総監督やドライバーをゲストに迎え、2018年シーズンを振り返るトークショー「SPIRIT of SUBARU × STI 〜サーキット編〜」や、ラリードライバーをゲストに迎えたトークショー「SPIRIT of SUBARU × STI 〜ラリー編〜」、コンセプトカーやスバル×STIのクルマづくりについて開発者や関係者が語る「SPIRIT of SUBARU × STI 〜プロダクト編〜」などを開催。会場限定品を含むスバル/STIグッズの販売も行う。

なお、スバルのオフィシャルウェブサイトでは、オートサロン特設ウェブサイト(https://www.subaru.jp/tas/)を開設。スバルブースに関する情報を配信するほか、会期中のブース内の様子を同特設サイトおよび「SUBARU On-Tube」(https://www.youtube.com/user/SUBARUOnTube)にてライブ配信する予定だ。

 

スバルは、東京オートサロン2019の会場で行われる「クルマが当たる!! アンケートプレゼント(https://www.tokyoautosalon.jp/2019/present/)」の特賞として、WRX S4 STI Sportを提供する。

 


[おもな出品車両概要]

●FORESTER(STIコンセプトモデル)

■FORESTER(STIコンセプトモデル)

アドバンスをベースに、スバル独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」の先進的な走りをSTIがチューン。エクステリアは、専用色「ファイターグレー」を採用。足まわりは19インチアルミホイールに大径化。さらにフロントブレーキにブレンボのモノブロック対向6ポットキャリパーを採用することで、運動性能の高さを予感させる仕様としている。

 

●IMPREZA(STIコンセプトモデル)

■IMPREZA(STIコンセプトモデル)

2.0i-S アイサイトをベースに専用の内外装パーツを装着。内装は質感の高いボルドー内装を採用する。

 

■LEVORG(カスタムパーツ装着モデル)

STIがレース活動や試験によって磨いてきた技術を用いて開発するSTIのパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル。走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツなど、ドライバーの意のままに操れるハンドリングと走行安定性をさらに高めるパーツの装着事例を紹介する。

■WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)

タイプSをベースに、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイールやレカロシートなど、専用の装備によって、歴代のラリー参戦車をイメージさせるモデルに仕上げている。

 

 


スバル

https://www.subaru.jp/