壮観!でっかい船に大量のクルマを積み込む! マツダ、広島本社で小・中学生対象の「自動車専用船見学会」を2019年7月26日に開催。参加者を募集

マツダは、小学4年生〜中学3年生の児童・生徒とその保護者を対象とした「自動車専用船見学会」を2019年7月26日(金)に広島本社で開催する。これに伴い2019年7月2日からマツダオフィシャルサイト内でイベント参加者の募集を開始した。

●船内に積み込まれ出航を待つ「マツダ ロードスター」

このイベントは、「CX-5」や「ロードスター」をはじめとする宇品工場で生産された車両が、大型の自動車専用船に積み込まれていく様子や、自動車専用船内部の見学・説明を予定している。

自動車専用船見学会ではほかに、中国四国地方で唯一の自動車企業博物館「マツダミュージアム」の見学もできる。ミュージアムでは、マツダの歴史を彩る数々の名車や環境・安全技術の展示、クルマづくりのプロセスを学べる。

イベントを通じて、クルマづくりのプロセスからクルマを海外に輸出する現場まで、自動車産業を幅広く知れる機会となっている。

今回のイベントはマツダの社会貢献活動の一環として行われるもので、「自動車専用船見学会」は、日本の自動車産業について学ぶ機会を提供するとともに、自由研究や思い出作りに活用できる場として1996年より開催しており、今回で21回目となる。

 

●「マツダミュージアム」は中国四国地方で唯一の自動車企業博物館

 

製造されたばかりのクルマが並ぶ壮観な光景が見られるほか、そこから次々と巨大な自動車専用船に手際よく運ばれる様や、船内に透き間なく積み込まれるクルマを見られるまたとない機会。子供の夏の自由研究の題材にもなり、同伴する保護者も楽しめるイベントだ。

 


[自動車専用船見学会の概要]

■開催日時:2019年7月26日(金)午前の部8:45〜12:00/午後の部12:45〜16:00(荒天の場合は中止)

■集合場所:マツダ本社1階ロビー
住所:広島県安芸郡府中町新地3-1

■内容:車両の船積み作業・自動車専用船内部・「マツダミュージアム」の見学

■参加費:無料

 

[参加者募集要項]

■参加資格:小学4年生から中学3年生の児童・生徒とその保護者(保護者同伴必須)

■定員:各回40人(保護者含む)計80人

■申し込み方法:マツダオフィシャルサイト内の応募フォーム(https://mag.mazda.jp/form/pub/csr/funazumi21)に必要事項を記入する
※保護者を含む申込者全員分の情報が必要(個人情報は、乗船手続きおよび当見学会にかかわる連絡以外には使用しない)
※多くの人が参加できるように、子供1人に対して保護者1人の申し込みとする

■募集期間:2019年7月2日(火)11:30〜7月8日(火)23:00まで
※応募が定員数を超えた場合は抽選となる。抽選結果は2019年7月12日(金)の午後にメールで連絡

■問い合わせ:マツダ コーポレート業務部 総務部 地域リレーショングループ
TEL:082-286-5703(受付時間 土・日曜日を除く9:00〜17:45)
Eメール:mazda-funazumi@mazda.co.jp

 


マツダ

http://www.mazda.co.jp