連載「密着! TCRジャパン」第2回 VW ゴルフ TCRって、市販車とどこが違うの?

 

2019年から日本でも始まったTCRのリポート連載「密着! TCRジャパン」。第2回目からは、参戦するTCR車両を詳細な写真とともに、前回に引き続き高橋 学カメラマンが解説していく。トップバッターはVWのゴルフGTI TCR。市販車でも高い人気を誇るゴルフのホットグレードだが、TCR化して何が変わったのだろう。ドライバーインタビューから、意外な違いもわかったぞ!

チューニングカーではなく純レーシングカー

今年から新たに日本でも始まった新しいカテゴリーのレースシリーズ「TCRジャパン」。その概要は前回お伝えした通り、いわゆる現代版の「ハコレース」です。参加しているマシンの姿はいずれも前後オーバーフェンダーを加え迫力を増しているものの、街で見かける普通のクルマのカタチそのものでとても身近に感じます。サスペンションもパーツこそ違えど形式自体はノーマルと同じで、エンジンも突拍子のないスペシャルなものが載っているわけではありません。

なのにTCRマシンはチューニングカーではなく、世界を舞台に戦う純然たるレーシングカーだそうです。今回からそんなTCRマシンを車種別にのぞいていきましょう。

今回は6月に開催されたスポーツランドSUGOの第2戦、Saturdayシリーズで優勝したVWゴルフGTI TCR SEQの巻。

VWゴルフのTCRマシンってこんな車です

正式名称はVOLKSWAGEN GOLF GTI TCR SEQ。見てのとおりの7代目ゴルフでその名のとおりGTIがベースです。SEQはシーケンシャルトランスミッションを搭載していることを表していて、VWゴルフはTCRマシンにもベース車と同じDSG付きのモデルが存在するため、名前で区別しています。

●インパネの造形にベース車のおもかげを残すものの、全体にシンプルなコックピット。パドルシフトほか、操作系はステアリングまわりに集中していて、足元のペダルはレーシングカーそのもの

 

●ドアの内張もベース車と近い造形で、レーシングカーながらパワーウインドーも備えています
●ベース車同様リヤドアもちゃんと開き、燃料もここから入れます
●通常の給油口の位置にはエアジャッキ用のノズル

 

TCRジャパンの公式サイトに記載されているスペックは以下の通りです。
排気量   :1984cc
最大出力  :340hp/6200rpm
最大トルク :420Nm/2500rpm
ギヤボックス:パドルシフト付き6速シーケンシャル
最低重量  :1265kg(ドライバー込み)
BoP:エンジンパフォーマンスレベル100%、バラスト -10kg、地上高70mm
※BoP=バランス オブ パフォーマンスの略。マシンの性能差を減らすため、FIAが定めた性能調整

ちなみにSEQモデルの価格は11万5000ユーロ、DSGモデルだと9万5000ユーロです。

スポーツランドSUGOで行われた今季第2戦の、Saturdayシリーズで優勝した密山祥吾選手によると、「ベースのVWゴルフGTIも走りがよくコストパフォーマンスが高いモデルですが、スポット増しやロールゲージの装着などでボディ剛性は大幅に向上していて、その剛性感はまるで別物」だそうです(ちなみに「装着」と記しましたがロールゲージそのものもボディの構成要素となっています)。

また、足まわりも基本的にはノーマルと同じ形式。ですが、パーツそのものの交換が許されていて、セットアップの幅も広いので、セッティングの優劣が勝敗のカギを握っているとのこと。ギヤボックスに関してはDSGモデルはライフが長いものの、タイムアタックではSEQモデルのほうが優位だそうです。

ちなみに、レース時間が30分にも満たないスプリントレース「TCRジャパン」に出場しているVWゴルフは、すべてSEQモデルです。

●ハッチゲートから見る室内
●インテリア全景
●パーツ交換は可能だが、基本的にはノーマルと同じ形式の足まわり
●マシンを解説してくれた密山祥吾選手は現在Saturdayシリーズ3位

 

なお、今シーズン参戦しているVOLKSWAGEN GOLF GTI TCR SEQは以下の4台。第2戦終了時点で密山祥吾選手がSaturdayシリーズ3位、松本武士選手がSundayシリーズのポイントリーダーです。

●No.10 Adenaus(ドライバー:佐藤潤/ジェントルマンクラス)
●No.19 BRP⭐︎HITMAN⭐︎ANDARE Golf GTI(ドライバー:HIROBON/ジェントルマンクラス)
●No.25 Volkswagen 和歌山中央RT with TEAM 和歌山(ドライバー:松本武士)
●No.52 埼玉トヨペットGreen Brave(ドライバー:密山祥吾)

 

次戦は7月13日~14日、富士スピードウェイ(静岡県小山町)にて開催されます。全日本スーパーフォーミュラー選手権との併催ですので、週末は国内トップフォーミュラーの争いと世界的基準のツーリングカーレースを一気に楽しめてしまう富士スピードウェイに足を運んでみませんか?

<文&写真=高橋 学 text & photo by Manabu Takahashi>


TCRジャパン オフィシャルサイト

 

連載「密着! TCRジャパン」第1回 TCRってなに? どんなクルマで争われるの?