[TAS2018]オデッセイもSUV風にクロスオーバー!! ホンダアクセス

いま絶好調なカテゴリーがクロスオーバー○○。東京オートサロンの会場でもそこかしこに見られたが、ホンダアクセスブースにもありました!

Lクラスミニバンのオデッセイ ハイブリッド アブソルートをベースに、SUVの要素を加味したクロスオーバーモデル。「ODYSSEY CROSS CRUISER(オデッセイ クロスクルーザー)」と名付けられたそれは、シーンを選ばず洗練されたクルマ旅を楽しむための提案。

外観での特徴は、走破性の高さを予感させるリフトアップされた車高。3cmほど高められたサスと、インチアップされ大径化したタイヤ&ホイールの装着によって、山や海、川などでノーマル車では躊躇してしまう場所にも進める、アクティブシーンでさらに活躍してくれそうなパッケージング。ショー演出のため、武骨なブロックパターンのタイヤを装着しているが、クロカンモデルのようなオフロード走行は想定していない。

前後バンパーのデザイン変更や、フェンダーやサイドシルまわりのクラッディング、ルーフレールの追加などでSUVルックに仕立てられている。またグリルやドアモールのメッキをダーク調に変更。ドアノブもボディ同色とし、ベースとなるアブソルートのきらびやかでエッジの効いたデザインをあえて抑え、滑らかなライン構成とした外板パーツとともに、悠然とした大人のクルマ旅に似合うテイストを醸し出している。

ちなみにボディカラーは、レジェンドのギルビッドピューターメタリックに塗り替えられている。

内装は明るいグレーのファブリック×レザー調コンビのシート表皮や、前席シートバック背面に木目調パネルを採用。アウトドアイメージを取り込みながらも上質な移動空間を目指した。

より行動範囲を広げ、非日常を楽しむためのカスタマイズ。ホンダ純正パーツやモデューロXなどのコンプリートカー開発などを手がけるホンダアクセスならではの完成度の高さ。オデッセイの1グレードとしてあってもいい1台だ。