外環道・三郷IC〜高谷JCT開通前の道路に200mのロングテーブルが出現!600人が乾杯!? 外環道開通前夜祭「東京カンパイ自動車道」

2018年6月2日の東京外かく環状道路(外環道)三郷南IC 〜高谷JCTの開通を前に、その前夜祭として6月1日に「東京カンパイ自動車道」なるイベントが開催された。

これは東京外かく環状道路(千葉県区間)整備促進市川・松戸市民会議が主催したもので、(仮称)北千葉JCT付近(千葉県市川市)の半地下トンネル(堀割構造部)内の道路上に約200mのロングテーブル設置し、地域住民や関係者、そして利用者みんなでいっしょにお祝いをするというイベント。

一般公募3000人のなかから選ばれた400人に加え、関係者200人の総勢600人が開通のお祝いをしたのだ。

道路上に並べられたテーブルにはイメージカラーであるブルーとグリーンのLED入り風船が飾られ、幻想的な空間が作り出されていた。参加者はトンネル壁面をスクリーンにした映像演出を見たり、関係者による開通区間の説明を聞いたりしながら、開通後は歩くことができない道路を歩き、貴重な体験を楽しんでいた。

19時になるとファンファーレともに600人の参加者が一斉に乾杯。オリジナルロゴ入りのグラスに注いだ、千葉県産の梨を使用した梨ジュースの味を楽しみながら歓談。イベントの最後には、着席した参加者全員による乾杯リレーも行われイベントが締めくくられた。

 

会場内には”作り手”たちの思いを伝える写真展「俺の外環」という、外環道(千葉県区間)の建設に携わった人たちを写したパネルを展示。乾杯の前には特大パネルに採用されたうちの8人が、作業にかけた思いを語った。

 

 

東京外かく環状道路の詳細はこちら

 


[「東京カンパイ自動車道」実施概要]

日時:2018年6月1日(金)18:00〜20:00

会場:(仮称)北千葉JCT付近の半地下トンネル(堀割スリット)内

内容:事業者による現場案内/トンネル体験/ロングテーブルに着席し乾杯/乾杯リレー/記念撮影など

主催:東京外かく環状道路(千葉県区間)整備促進市川・松戸市民会議

協力:国土交通省 関東地方整備局 首都国道事務所、NEXCO東日本 千葉工事事務所

協賛:山崎製パン、千葉日報社、埼玉新聞社、JAいちかわ、グランバー東京ラスク


 

走った・見た! 半世紀の時を経て、いよいよ6月2日開通!東京外環・三郷IC〜高谷JCT