阿部商会、ちょっとの雪なら大丈夫、な、ノキアンの”アーバン・ウインター”タイヤ、「nokian WR」シリーズ登場!

フィンランドのタイヤメーカー「nokian(ノキアン)」の総輸入販売元である阿部商会は、新製品「nikian WR D4」、「nikian WR A4」、「nikian WR SUV4」を2018年9月下旬より順次発売する。価格はいずれもオープン。

今回発売する新製品「nokian WR」シリーズは、ドライ路面やウエット路面はもちろん、雪上でも走れるオールウエザー対応のウインターラジアルタイヤだ。阿部商会は、ドライ路面の性能を十分に保ちながら、いざというときの雪上や氷上でのコントロール性を持ち合わせた「アーバン・ウインター」タイヤとして、「nokian WR」シリーズを展開していくという。

ノキアンの「アーバン・ウインター」タイヤは、ノキアン独自のシリカコンパウンドを採用。通常のスタッドレスタイヤよりも硬いコンパウンドながら、優れた雪上性能とドライ路面でのグリップ力を両立している。また、ブロック配置や溝の形状を見直すことでロードノイズを低減するほか、ウエット時の排水性も確保。路面状況にかかわらず、安定したグリップとコントロール性を発揮する。

20インチ以上の大径サイズも豊富にラインアップし、輸入車の特殊サイズも用意するなど、幅広い車種に対応する。

なお、「アーバン・ウインター」シリーズは、”スリーピークマウンテン・スノーフレークマーク”および”M+Sマーク”が付き、欧州では冬季用タイヤとしての走行基準を満たしているが、スタッドレスタイヤではないため、国内では冬用タイヤ装着規制の適用外となる。日常的に凍結路や積雪路を走行する場合は、nokianにはスタッドレスタイヤ「R3」シリーズがあるので、そちらがオススメだ。

「nokian WR」シリーズ各製品の概要は以下のとおり。

 


[nokian WR D4]

●nokian WR D4

サイズ:14〜20インチの全62サイズ

ウエット・ドライ、スノー性能をバランスした乗用車向けタイヤ。高速走行時の安定性や快適性を備え、省燃費性にも考慮する。”Nokian Twin Trac Silicaゴムコンパウンド”という独特なコンパウンドを採用。大量の天然ゴムとキャノーラ油が含まれており、気温の変化や走行を重ねたタイヤでも優れた冬季のグリップ性能を維持する。

EUのラベリング制度においてウインタータイヤとして世界初となるウエット性能の最高評価「A」を獲得(7サイズ)している。

 


[nokian WR A4]

●nokian WR A4

サイズ:16〜21インチの全52サイズ

ウエット・ドライ、スノー性能を高次元で両立したプレミアムカー向けタイヤ。高速走行時の安定性や快適性を備える。センターエリアは、ムカデの足跡に似たギザギザのサイプを備えたトレッドブロックを採用。この丈夫な縦リブを中心に、ジグザグ3次元のサイプが接地面積を拡大。さまざまな回転角度で最大の効果を発揮。雪道でのグリップを高めコントロール性を向上させている。

 


[nokian WR SUV4]

●nokian WR SUV4

サイズ:15〜22インチの全68サイズ

雪やシャーベット、ウエット、ドライなどあらゆる路面で理想的なグリップを発揮するSUV向けタイヤ。”The Snow Claws”と呼ばれるサイプ構造により、柔らかい雪などで効果的に表面をつかみグリップ力を発揮する。また、雪道だけでなく、コーナリングや車線変更時のドライビングフィールも向上させる。航空機の機体や、防弾チョッキなどに使われる「アラミド」繊維をサイドウオールに使用した「アラミドサイドウオール」により、高い耐パンク性能を実現する。

 

 

ノキアンタイヤの詳しい情報はこちら

 


阿部商会

http://abeshokai.jp/