なんと13.3インチ! カロッツェリアが国内最大級「13.3V型フルHDフリップダウンモニター」を発売

パイオニアは、カロッツェリアのフリップダウンモニターの最上位機種として、「13.3V型フルHDフリップダウンモニター(TVM-FW1300-B)」を2018年11月に発売する。価格はオープン。

近年、子供や同乗者がドライブをより快適に楽しめるリヤモニターの市場が拡大している。これを受けパイオニアは、画面サイズやデザイン、取り付けのしやすさなど幅広いニーズに合わせた製品を展開している。

今回発売するのは、フリップダウンモニターの最上位機種。なんと画面サイズが国内最大級の13.3V型大画面フルHDパネルを採用する。これほど大きなモニターをクルマの天井にスマートに設置できるばかりか、モニターを閉じても映像を楽しめる「エニタイムビジョン」を新たに搭載するなど、意欲的なモデルとなっているのだ。

大きな画面を存分に楽しめる

新たに国内最大級の13.3V型大画面を採用したわけだが、後部座席で大迫力の臨場感あふれる映像を楽しめるように、高度な映像処理技術で高精細かつ鮮やかな映像を実現する。モニター部にはXGAを超える高解像度のフルHDパネルを採用。LCDパネル表面には光沢感がある強化ガラスを採用するとともに「ダブルARコーティング」を施し、不要な反射を抑えた美しい映像が楽しめる。

13.3V型を天井からつり下げるフリップダウンタイプにすると、使用したときにはかなりの圧迫感が出そう……。しかも、バックミラー越しに後方確認しようとしたら、モニターで後ろが見えない!なんてなりそうなもの。これを解決したのが開閉方法やモニターの設置面を、これまでと逆に設計した「バックフリップ」機構だ。

後部座席とモニターの距離が近づくことで、より迫力のある映像を楽しめるとともに、運転席からの距離が遠くなることで、ドライバーの視界を妨げにくくなるのだ。

モニターを開いているときはもちろん、閉じた状態でも映像が見られる「エニタイムビジョン」を搭載するのも「バックフリップ」機構を採用した利点でもある。ちょっとゆっくりくつろぎたいというときなどに、前席シートを倒せば、寝たまま映像を楽しめる。また、モニターが閉じているときでもプリセットしている3種類(青空/星空/オーロラ)から選べる「ムードピクチャー」を表示すれば、サンルーフのような開放感を疑似体験できるのだ。

クルマのインテリアに溶け込む洗練されたデザインを採用。本体両サイド部にはハーフミラー仕様のブルーLEDイルミネーション、前面両サイド部に搭載したブルーLEDイルミネーションを搭載。雰囲気たっぷりに車内を演習する。取り付けは既存のフリップダウンモニター用取り付けキット(別売り)を使用。アルファード/ヴェルファイアには、新開発の専用取り付けキットを用意する。

取り付けキットの型番や対応車種などの詳細はこちら

 

 

フリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」の詳しい情報はこちら

 


問い合わせ:パイオニア

TEL:0120-944-111

http://pioneer.jp/carrozzeria/