トヨタが愛車に後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」を発売。まずはプリウス、アクアから

最近たびたびニュースになる、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる事故。特に駐車場でのペダル踏み間違いによる事故の割合が交通事故全体のなかで増えてきている。

最新のクルマには、踏み間違い時の加速抑制や自動ブレーキシステムの装着が当たり前になりつつある。もしものときにあると役立つ機能なのだけれど、それだけのためにクルマを買い替えるというのも……。そんな人に朗報である。

今乗っているクルマに後付け装着できる「踏み間違い加速抑制システム」が2018年12月5日、トヨタから販売店装着の純正用品として発売されたのだ。

●超音波センサー(前)
●超音波センサー(後)
●表示機。ブザー音で注意を喚起し、「アクセルを離してください」と表示される。本体上には一時的にシステムをキャンセルするスイッチが付く

この「踏み間違い加速抑制システム」は、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知して、ブザー音で注意を喚起。それでもブレーキと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んでしまった際には加速を抑制し衝突被害を軽減する、というもの。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルペダルを踏み込んだ場合、速度が出過ぎないように加速を抑制する。

この後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を装着できるのは、今のところ先代の「プリウス(2009年5月〜2015年12月)と、アクア(2011年12月〜2018年4月)のみ。そのおもな理由は、保有台数が多く、所有車の平均年齢が高いということから、まずはこの2モデルからの発売となった。今後、順次設定対象車種を拡大していくという。

価格は5万5080円で、取り付け費などは含まれない。

うっかりを防ぐ有用な後付けシステムではあるのだが、あくまでもセンサーにより障害物を検知して加速を抑制するシステムなので、ブレーキは運転者がかけなければならない。道路状況や車両状態、天候状態などによっては作動しないこともあるので過信は禁物である。


[対応車種]

プリウス:2009年5月18日〜2015年12月19日に販売されたモデル(除く、G’s、ウェルキャブ全車)

アクア:2011年12月26日〜2018年4月2日に販売されたモデル(除く、G’s、GRスポーツ、Xアーバン、クロスオーバー、ウェルキャブ全車)

 


トヨタ

https://toyota.jp/

 

 

トヨタの”後付け”「踏み間違い加速抑制システム」をいきなり実地検分!!