ユピテルの「うっかり違反を抑止する」カーナビで、安心・安全ドライブ

レーダー探知機やドライブレコーダーなどを製造・販売するユピテルは、ポータブルカーナビゲーションの2019年モデル5機種を発売する。価格はいずれもオープン。

うっかりを違反抑止

今回は発売したモデルは、いずれもレーダー探知機の開発・製造の知見を生かし「うっかり違反」を抑止する機能を備える。具体的には、オービス設置場所や事故多発エリア、取締りエリア、駐車禁止エリア、制限速度情報など、7万3000件以上のデータを収録。エリアに近づくとアイコンや警告表示、音声で“うっかり違反”を抑止する。また、通学路や住宅街など、制限速度が30km/hに制限された、新交通規制「ゾーン30」に対応。地図上に色分けして表示するとともにアイコンで知らせる。駐車禁止エリアも色分けして表示する。

今回新たに、高速道路や一般道上の進入できない一方通行の逆走を防ぐ「一方通行進入禁止案内」と、信号機のある交差点を通過する際に、対向車への注意を促す「交差点対向車注意案内」といった安全運転アシスト機能が追加された。

 

ドライブも安心の観光ガイドデータ収録

ナビゲーションの機能としては、ドライブに役立つ観光ガイド情報を約8万件、ガイド写真約6万7000枚を収録。また、住所検索を約3600万件、施設(ジャンル)検索約490万件、電話番号検索約630万件、50音検索約500万件、フリーワード検索(索引数)約1500万件を収録するなどさまざまな検索方法で目的地が探せる。

 

業界唯一の4カ国語対応

業界唯一となる「マルチランゲージガイド」を搭載。日本語のほか、英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語の4カ国語での音声案内&地図表示に対応する。

 

最新地図で運転をサポート

地図データは、2019年春版「マップルナビPro3」を搭載。見やすい地図とわかりやすいイラスト表示で目的地まで迷わず案内する。新たに開通した道路や新設されたスマートインターチェンジを収録している。

製品は簡単に取り付けられるうえ、シガープラグコードを付属するので手軽に電源供給も行える。バッテリーを内蔵するので車外へ持ち出しても使える。

新製品はいずれも購入すると、タイムズのロードサービス「カーレスキュー」が一年間無料で使える。

その他の機能として、地図プロット機能、5ルート同時探索、目的地直線表示、トンネルモード、47都道府県主要部ぬけみちマップ、文字の大きさ3段階切り替え、フルセグ(YPF7550ML)/ワンセグ(YPB745ML、YPB735ML、YPB555ML)、ミュージックプレーヤー、ムービープレーヤー、ピクチャービューアー、オリジナル地図モード(震災支援モード・サイファイモード)などを搭載する。

 


[製品バリエーション]

〈ハイエンドモデル〉

YPF7550ML(7インチ・静電式タッチパネル・フルセグ)

●YPF7550ML

 

 

〈スタンダードモデル〉

YPB745ML(7インチ・タッチパネル・フルセグ)

●YPB745ML

 

YPB735ML(7インチ・タッチパネル・フルセグ)

●YPB735ML

 

〈ベーシックモデル〉

YPB555ML(5インチ・タッチパネル・ワンセグ)

●YPB555ML

 

〈バリューモデル〉

 YPL525ML(5インチ・タッチパネル)

●YPL525ML

 

ユピテルのポータブルカーナビの詳しい情報はこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ>

ユピテル

TEL:0120-998-036

https://www.yupiteru.co.jp