見やすさは業界トップレベル。パナソニック、HDR対応リヤビューカメラ「CY-RC100KD」を発売

パナソニック オートモーティブ社は2019年6月6日、HDR(ハイダイナミックレンジ)対応のリヤビューカメラ「CY-RC100KD」を発表。2019年7月上旬に発売する。価格はオープン。

今回発売するリヤビューカメラ「CY-RC100KD」は、逆光で強い光のある場所や、夜間の暗い場所でも見やすいHDR対応のイメージセンサーを採用することで、画像の明るさをリアルタイムで補正して白とびや黒つぶれを抑制。視認性を高めることで、後退時の視界を確保できる。

また、視野角を水平146°/垂直114°と、従来モデル(CY-RC90KD)の画角(水平145°/垂直112°)よりも拡大。より広い範囲を見渡せることで安全性を向上させている。

取り付け時の作業性も向上。具体的には、ケーブル部にあった電源回路をカメラ本体に内蔵し、ケーブルの突起をなくしている。これにより狭い場所でもケーブルが通しやすくなり、配線の作業が向上した。

また、カメラ本体側と電源ケーブル側を接続する中継コネクターの位置をカメラ本体近くに変更(カメラ本体側のケーブル長は0.5m、電源ケーブルが8.5mで合計9m。従来モデルはカメラ本体側が4m、電源ケーブルが5m)。カメラ本体と電源ケーブルの配線作業が別々に行えるだけでなく、車両後部のバックドア付近でコネクター接続ができるようになったことで、今まで以上に効率よく取り付けられるようになった。

製品はIP68準拠の防じん・防水性能を有するので、厳しい環境下でも安心して使える。一般的なRCA出力のピン端子を採用するから、映像入力端子が付いているカーナビゲーション(AV一体式やPNDタイプ)のほか、各種モニターなど幅広い製品に接続できる。

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


<問い合わせ>

パナソニック

TEL:0120-50-8729

https://panasonic.jp/car/