好みの香水をカーフレグランスとして活用できる! カーメイト、香水専用設計のエアコン取り付けディフューザーを発売

カーメイトは、手持ちの香水を芳香剤として使用できるエアコン取り付けディフューザー「ブラング エア パフュームディフューザー」を2019年7月9日に発売した。価格はオープン。

この製品は、ふだん愛用している香水をクルマの芳香剤として活用できるもの。手持ちの香水を付属の含浸用パッドにスプレーしてエアコン吹き出し口にセットするだけで、オリジナルのクルマ用芳香剤が完成。エアコンの風を利用して香りが車内に拡散する。スプレーの回数により、香りの強さの調節が可能だ。

含浸用パッドは香水を素早く吸収する素材を使用。ディフューザーの含浸用パッド設置部の下に、万が一の液が漏れた際の受け皿となる溝を設け、インテリアが汚れるのを防止する。

●含浸用パッド「BLANG」のロゴが型押しされる
●香水のインテリアへの漏れを防ぐ溝付き

本体表面はアルマイト処理を施したアルミパネルを採用し、高級感を演出する。

含浸用パッドは3枚付属するので、香りが弱くなったら新しいパッドでほかの香水へのチェンジも可能だ。

 

 

●香水をルームスプレーのように使ったことがある人(N=2444)〈2018年5月、カーメイトによるアンケート調査〉

じつは潜在的ニーズの高い活用方法だった

ちなみに、カーメイトがクルマ用芳香剤ユーザー(2444人)を対象に行ったアンケート調査では、全体の半数以上が「香水をルームスプレーのように使用したことがある」と回答したという。今回の様な新製品を待ち望んでいた人は相当数いたというわけだ。

また、香水は、インテリアやファブリック製品に直接かかると、変形や変色の恐れがあるという。特にクルマの室内空間は広くないので、香水をルームスプレーのように空間へスプレーしても、直接インテリアにかかる可能性が高い。このようなことからインテリアを痛めることなく香水の香りを安心して楽しめる「ブラング エア パフュームディフューザー」を開発したという。

 


[製品概要]

●ブラック(H1361)
●シルバー(H1362)

 

〈ブラング エア パフュームディフューザー〉

■品番(カラー):H1361(ブラック)、H1362(シルバー)
■価格:オープン
■製品サイズ:高さ34mm×幅60mm×奥行き17mm
■パッケージ内容:ディフューザー、エアコン取り付けクリップ、含浸用パッド(3枚)

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ>

カーメイト

TEL:03-5926-1212

http://www.carmate.co.jp/