横浜ゴム、ヒストリックカー向け新タイヤ2種を発売

●「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」装着イメージ。

7月12日、横浜ゴムはヒストリックカー向けタイヤ「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」と「A539」を国内で発売しました。

クラシックなデザインと乗り味を両立「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」

「G.T.SPECIAL」は1967年に“ラジアル時代をリードする”をキャッチフレーズに、ヨコハマ初の乗用車向けラジアルタイヤ用ブランドとして登場。1960~1970年代のモータリゼーションを牽引した横浜ゴムの歴史的なブランドです。
今回登場した「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」は、その名を冠するにふさわしいクラシックなトレッドパターンとサイドデザインで、1960~1970年代の日本や欧州の歴史的な車に相応しいクラシックな外観が大きな特徴。
また進化した現代の技術により、ヒストリックカーの魅力を損なわないマイルドな乗り心地と安全性も実現しています。
(なお「G.T.SPECIAL」145/80R10 69S は既に販売中ですが、「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」とは異なる銘柄でデザインも異なります

●「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」。サイズは165/80R15 87H、165/80R14 85S 、175/80R14 88Sの3サイズをラインアップ。

爽快なコーナリング特性とアグレッシブなパターン「A539」

「A539」は特徴的なパターンデザインを持ったスポーティータイヤで、2000年に海外向け商品として発売され、欧州を中心に熱心なファンに愛されつつ長きにわたり販売されてきました。
一方、国内のヒストリックカー愛好家からもその特徴的なデザインやサイズ設定から国内での販売を求める声が多く寄せられ、今回日本市場への導入が決定!
走行性能と快適性のバランスを追求した非対称パターンが採用され、コーナリング時の安定性を確保したうえで、爽快感ある走りが味わえるタイヤになっているとのことです。

●サイズは185/50R14 77V、175/60R14 79H 、175/50R13 72V、175/60R13 77H、185/60R13 80H、165/60R12 71Hの6サイズをラインアップ。
●「A539」装着イメージ。

なお横浜ゴムは、2017年にヒストリックカー向け「ADVAN HF Type D」を復刻し国内で発売したほか、2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020」のタイヤ消費財戦略では「ホビータイヤ戦略」を掲げており、ヒストリックカーに適したタイヤの開発・供給の継続にも力を注いでいくとのことです。
ヒストリックカー向けタイヤ専用ウェブサイトも用意されているので、今後の新商品情報もぜひチェックしていきたいですね!


<問合わせ>
横浜ゴム

TEL:0120-667-520(タイヤお客様窓口)

ヨコハマタイヤ・ヒストリックカー向けタイヤwebサイト
https://www.y-yokohama.com/product/tire/historic/

(オールドタイマー編集部)