「GT-R」と「フェアレディZ」が2020年の年賀状に! 郵便局の総合印刷サービス(WEB)で申し込み受付開始

日産は2019年9月2日、「GT-R」と「フェアレディZ」の歴代モデルが描かれた名車コレクション年賀状の申し込み受け付けを同日より「郵便局の総合印刷サービス(WEB)」のホームページで開始すると発表した。

コレクション年賀状は、いろいろな絵柄が楽しめる複数絵柄アソートセット年賀状で、今回発売する「GT-R」と「フェアレディZ」の年賀状は、名車コレクション年賀状としてウェブ限定で発売するもの。

●名車コレクション年賀状。歴代「GT-R」のほか3絵柄がある。これとフェアレディZの4絵柄と合わせて8絵柄がセットになっている

「GT-R」は1969年2月に、レーシングカーからフィードバックされた技術をもとに開発した高性能エンジンを、3代目スカイライン(C10型)へ搭載した「スカイライン2000GT-R(PGC10型)」が始まり。ツーリングカーレースでの必勝を期し”R”を冠して誕生した。その後、スカイラインGT-RとしてKPGC10型、BNR32型、BCNR33型、BNR34型と進化。現在は日産GT-Rとして最新のR35型が世界中のレースシーンで活躍している。

●「フェアレディZ」の4絵柄のうちの1枚

「フェアレディZ」は、従来のダットサンフェアレディシリーズの後継として、1969年10月に初代S30型が登場。本格的なスポーツカーとして北米市場を中心に大ヒットした。以降、S130型、Z31型、Z32型、Z33型、そして現行モデルとなるZ34型と代を重ねた。そのなかで、モータースポーツでの活躍やTVドラマなどへの登場、パトカーで活躍するなどさまざまな場面で話題を作り出してきた。

両車とも2019年で誕生から50年を数える。名車コレクション年賀状は2020年初に51年目を飾る1枚となること間違いなしだ。絵柄は両車、歴代モデルのサイドビューをあしらったもの(写真)のほか3パターンの8絵柄。各2枚セットの16枚入りだ。

 


[「GT-R」、「フェアレディZ」名車コレクション年賀状概要]

申込受け付け期間:2019年9月2日(月)11:00から2020年1月10日(金)18:00まで

商品の配送期間:2019年11月1日(金)から配送開始

申込方法:「郵便局の総合印刷サービス(WEB)」のホームページから申し込む

郵便局の総合印刷サービスURL:jpri.jp/cr069_01/

商品内容:印刷済み年賀はがき16枚(8絵柄各2枚セット)

販売価格:4768円(年賀はがき代・印刷代・送料・税込み)

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


日産

https://www3.nissan.co.jp