【東京モーターショー2019】カーメイトが出展概要を発表。28年ぶりにコーポレートロゴを刷新!

テーマ:OUR JOURNEY 〜私たちの旅〜

2019年10月4日、カーメイトは東京モーターショー2019のブース概要を発表。あわせて28年ぶりにコーポレートが変わることを公表した(24日のプレスブリーフィングで公開される)。

今回カーメイトのブースでは、未来に向けて取り組むモノづくりを”旅”と表現。来場者に、展示品をとおしてワクワクする一歩先のモビリティライフを体験させてくれる。

現在注目を集めている360度ドライブレコーダーの先駆け「ダクション360」も、出発点は2013年の東京モーターショーで展示された「d-SafetyCam」であった。このカメラとスマホを連携する技術が360度ドライブアクションレコーダーに形を変えて発売されたように、今回の東京モーターショーでも少し先の未来を見据え、業界の先駆けとなるような製品の提案を行うという。

●「ダクション360」の基となった2013年展示品「d-SafetyCam」

■おもな展示物

360度ドライブレコーダー「ダクション360」シリーズとその発展技術。360度ドライブのVR体験。カー用品のloT化や災害時に活躍するドローンルーフBOXなど。

カーメイト公式HPはこちら

〈文=編集部〉