<世界初>レクサスのサイドミラーがカメラに置き換わった! 10月下旬発売のESに搭載

レクサスがついにサイドミラーの消去に成功した。
9月12日に発表された「デジタルアウターミラー」は、従来サイドミラーがあった場所にカメラを設置。撮影した車両左右後方の映像を、車内Aピラー部の5インチディスプレイに表示する。

デジタルアウターミラーはウインカー内蔵
雨滴が付きにくい形状。ヒーターも内蔵
5インチのディスプレイは左右のAピラーに設置

ウインカー作動時は、画角が自動的に拡大。車線変更時の死角を減少させる。タイヤの位置まで見えるので、内輪差なども確認しやすい。
車線変更時、斜め後方から接近するクルマがあれば、ドライバーに注意喚起する機能とも連携する。

後退時はリバース操作と連動して広いが画角で広報視界を確保。従来のミラーだと、白線に合わせると後方が見えにくくなったが、デジタルアウターミラーは視界が広いので、そのどちらも表示可能だ。

 

標準の表示
ウインカー操作時は広範囲を表示して死角を減らす。車両接近警報も連動

 

標準の表示範囲
後退時にはタイヤの位置と後方が見えるように表示範囲を変更

 

車内のディスプレイはウインドーの水滴や曇りに影響されない

 

夜間も自動で明るさを調整し、暗闇にいる人物なども見やすくなる。ヘッドライトのまぶしい光も調光する

 

 

カメラは雨滴が付着しにくい形状を採用し、ヒーター付きで水分が付着しても除去。
また、ディスプレイは室内にあるので、例えば天候の影響でサイドウインドーが曇ったり、水滴が付いたりしてミラーが見にくい、なんてこともない。
左右確認時の視線移動は、従来のミラーよりも減少。
従来のミラーよりもサイズが小さいため、斜め前方の視界も拡大。
同時に風切音低減による高い静粛性も実現している。

光学ミラーよりも視線移動が少なくなる

 

LEXUS ES

このデジタルアウターミラー、日本では2018年10月下旬の新型ESから搭載予定。量産車としては世界初採用となる。
はたして実際の「見え方」はどうなのか?
カメラ部分が意外と大きいのは、ウインカーを内蔵しているからか?
賛否両論ありそうだが、非常に気になるアイテムの登場だ。