キャプチャーにスポーティなブルーの限定車 パトリックのスニーカーも当たる!?

 

ブルーステッチが入ったインテリアも魅力

ルノー・ジャポンは2018年10月11日、コンパクトSUVのキャプチャーに鮮やかなブルーの特別仕様車「Sエディション」を設定。全国限定50台で、同日より発売する。価格は282万9000円。

力強くエレガントなシルエットと、取りまわしのいいコンパクトボディが好評のキャプチャー。今回設定された特別仕様車「Sエディション」は、専用の2トーンボディカラーが特徴だ。

スポーティさを強調した鮮やかなブルーメタリックを基本に、グレーメタリックのルーフを組み合わせたボディカラーに加え、ホイールもボディ同色のセンターキャップを採用した専用品が奢られる。そしてサイドミラーの根元には、Sエディションのバッジも装着される。

●フロントフェンダーに付く専用エンブレム

インテリアも専用品を装備する。アルカンタラとファブリックのコンビシートは、ブルーのステッチとアクセントが入る。黒を基調としたインパネのカラーリングも専用だ。エアコンパネルもブルーイルミネーションになり、色彩の統一化が図られている。

●サイドシルにも専用のスカッフプレートが備わる

 

ルノー×パトリックの別注スニーカーが当たる!

ワールドカップの優勝でますます盛り上がるフランスのサッカーだが、ルノーは今シーズンより名門チーム「パリ・サンジェルマン」の公式パートナーシップを3シーズンに渡り結んだ。

そしてルノー・ジャポンもフランスのサッカー文化を紹介するため、今回のSエディションと同時に、フランスのスニーカーブランド「パトリック」とのコラボレーションも発表。パトリックが主催するサッカーイベント「Le Ballon PATRICK Tokyo 2018」に協賛する。

このコラボレーションの一環として、ルノーとパトリックの別注スニーカーを15足限定でプレゼントするキャンペーンをスタートさせる。抽選に応募するには、ルノー・ジャポンのメルマガへ登録が必要。すでに登録済みの人も応募できる。

●ヒールの外側にルノーのロゴが入る

申し込みはオフィシャルサイトから
https://www.renault.jp/information/campaign/lp/captur-s-edition-2018.html


詳しくはコチラ↓
ルノー・ジャポン オフィシャルサイト