1億円オーバー!? GT-R50が銀座にお目見え

生産は全世界でたったの50台?

日産は2018年10月15日、GT-Rのスペシャルモデル「GT-R50 by Italdesign」を、東京・銀座のNISSAN CROSSING(日産クロッシング)でお披露目した。この展示は同年11月25日までの限定で公開される。

このGT-R50は、今年と来年でともに50周年を迎えるGT-R(2019年)と、イタルデザイン(2018年)が共同で開発したプロトタイプモデル。その独特のデザインは、イタルデザインではなくロンドンの日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。開発、設計、製造をイタルデザインが受け持っている。

●インテリアも完全にオリジナルデザイン。ステアリングコラムや、センターパッドまでCFRP製だ。特徴的な液晶メーターパネルは、GT3譲り

 

内外装は、オリジナルGT-Rとはまったくの別物だ。CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)はふんだんに使用され、高性能さとスポーティ感、そして高級感も演出されている。リヤウイングは可動式で、格納された状態はとても美しい。

●リヤウイング展開時。裏と表の塗装色が違う
●リヤウイング格納時。きれいなボディラインが生かされている

ベースはGT-Rニスモとアナウンスされてはいるが、720馬力までパワーアップされたVR38DETTエンジンや独特の液晶メーターなどを見る限り、レース車両のGT3ベースといったほうが正しいかもしれない。エンジンはニスモで手作業によって組み上げられる。

●VR38DETT型3.8Lツインターボは、720ps/780Nmを発生する。もはやスーパーカーのスペックだ
●エンジンフードもCFRP製。取り外し式で、このように2人作業になる

現在正式に発売は発表されていないが、生産する方向で進んでいる。台数は50台ほど、価格は90万ユーロ(日本円で1億1700万円ほど)からになると想定されている。市販されたら、あっという間に完売して、あっという間にプレミアが付くと簡単に予想できる、スペシャルなGT-R。この日本で走る姿を、早く見てみたい!

 

 

●リヤディフューザーは特殊な形状
●タイヤサイズは、前255/35ZR21/後285/30ZR21

 

●グランドセイコーのGT-R50モデルも展示されていた。カスタムメイドのオーダー品で販売数量は最大3本。価格は2000万円からだ

 


詳しくはコチラ↓
日産オフィシャルサイト