クルマと対話する時代がついに到来! メルセデス・ベンツ 新型Aクラス登場

●本国ダイムラー社から開発者が来日し、プレゼンを行ってくれた。写真左より、MBUXユーザーインタラクションコンセプト担当マネージャーのトビアス・キーファー氏。コンパクトモデル開発プロジェクトリーダーのオリバー・ゾルケ氏。そしてメルセデス・ベンツ 日本の上野金太郎社長

ライバルに大きく差をつける最新装備が満載

メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、プレミアムコンパクトの新型Aクラスを発表した。同日より受注を開始し、納車は12月から開始する予定。価格は322万円から。

スポーツコンパクトモデルとメルセデスが表現するように、外観はワイド&ローが一層強調された。プレスラインの少ない外板や特徴的なフロントマスクなど、最新メルセデスのデザインが生きていて、スポーティに仕上がっている。

 

インテリアにも最新のデザインが取り入れられている。目を引くのはワイドなスクリーンディスプレイ。ダッシュボードから浮いたように配されるのが特徴的だ。タービン風なデザインのエアアウトレットも目を引くアクセントになっている。インテリアのアンビエントライトも、好みの色に変えることができ、オシャレだ。

●アンビエントライトや、スクリーンの光で、インテリアは超ハイテクで幻想的

 

エンジンには新開発の高圧縮4気筒ターボを搭載した。圧縮比は10.6。ターボエンジンとしては高めの数値だ。先代の1.6Lから1.4Lへダウンサイジングしたにも関わらず、14馬力のパワーアップを果たしている。

 

そして最注目アイテムが、AI(人工知能)を搭載した対話型のインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」だ。これは今までの音声認識とはまったく逆の発想で使えるシステム。今までの音声認識は決められた単語のみに反応する、いわゆる人間がシステムに合わせて話す方法だったのに対し、このMBUXは自然言語認識機能を使うので、ほとんどの命令を聞いてくれる。

例えば、空調の温度を下げたいとき、従来なら「エアコンを21度に設定」などと話していたが、このMBUXなら「暑い」と一言だけ言えばいい。「21度に設定します」と最適な温度に設定してくれるからだ。

学習能力や個別対応能力も備えているので、ユーザーに合わせて適応させていくこともできるMBUX。まさに「クルマと対話する」時代がきたのだ。

新型Aクラスは、安全装備も抜かりなし。一番小さなメルセデスでも、最高級サルーンのSクラスと同等の安全運転支援システムを採用している。自動車線変更機能まで備えた、最新型だ。小さなクルマでも大きな安心感が得られる。

群雄割拠のプレミアムCセグメントクラスでも、ひときわ目立つ存在になった新型Aクラス。最初はスタンダードなA180(322万円)と、上級のA180スタイル(362万円)の2グレードが導入される。魅力的な価格も相まって、日本でも人気が出ることは間違いないだろう。


詳しくはコチラ↓
メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト
メルセデスコール 0120-190-610