スーパーハイト軽のスペーシアがまさかのSUVに! その名も「スペーシア ギア」

2018年も残すところあと1カ月となった12月1日(土)。スズキのスーパーハイト軽ワゴン「スペーシア」に、新たなモデルが追加されるとの情報がホームページに掲載されているではないか。どうやら発売は年内。つまり近々にということだ。

ぱっと見てわかるSUVルック。追加モデルはその名も「スペーシア ギア」だ。

●ハスラー(特別仕様車「ワンダラー」)
●ジムニー

スズキの人気軽SUVモデルであるハスラーや、本格軽クロカンモデルのジムニーに共通する丸目のヘッドライトを採用。2トーンルーフや武骨さが漂うガンメタリックのプロテクター風バンパーがワイルドな雰囲気を醸し出す……。

 

 

 

●スペーシア
●スペーシア カスタム

現行スペーシアは、1年前の2017年12月に、スーツケースをイメージしたちょっとかわいい系の標準モデルと、シャープでいかつい系の顔だちが特徴な往年(?)のカスタムとの2本立てで登場した。ちょっと両極に振りすぎな感も?と感じている人も多かったはず。

 

●東京オートサロン2018に出展された「スペーシア トールキャンパー」

だが、登場まもなくの2018年1月の東京オートサロンで、SUVルックにカスタマイズされたコンセプトモデルを出展。今回の「ギア」を示唆していたのかもしれない!?

 

第3のスペーシア、「ギア」を考察

「スペーシア ギア」は、冒険心をくすぐるSUVデザインや、あれこれ使える広い室内空間とスライドドア。そしてアウトドアを楽しめる遊び心を持ち併せる。いろいろ楽しめる”道具感”を”GEAR=ギア”の車名で表している!?

外観は、キャッチーな丸目ライトに換装。ライトを囲うガーニッシュとフロントグリルはガンメタリックで、かわいらしさと武骨さを融合。グリル部のメッキ処理もこだわりを感じる造形だ。ボンネットやフェンダーは標準モデルと共通のよう。バンパーは見るからにタフさをアピールするプロテクター風処理が施され、サイドシルプロテクターやホイールもガンメタリック塗装により、下まわりをグッと引き締めている。

ルーフも同様にガンメタリックの2トーン仕様(モノトーンもあり)。ルーフレールもブラック塗装されSUV感もたっぷりだ。見るからにアクティブに使い倒せそうなルックスとなっている。

 

インテリアに目を向けると、基本はスペーシアそのもの。だが、助手席前のグローブボックスのフタはジェリ缶みたいな「×」入り。遊び心とタフなイメージをプラスしている。

 

シートはブラック基調。オレンジのステッチ入りでアクティブな印象を与え、さらに撥水加工が施されているようなので、釣りや川遊び、サーフィンなど水遊びも存分に楽しめそうだ。なによりも、ハイト系でスライドドアを採用するスペーシアなら”遊び”を便利にサポートしてくれるハズ。シートを倒せばフルフラットになるので車中泊だって可能だ。

 

荷室にも遊びをサポートする数々のアイテムを装備しているよう。自転車やサーフボードを余裕で飲み込む室内空間は、スーパーハイト系でシートアレンジも多彩なスペーシアならではのもの。よ〜くみると荷室フロアはカーペットではなく汚れにくい素材を採用している。

 

 

アクティブ感たっぷり!8色のボディカラー

きわめつきはアウトドアシーンに似合うだけでなく、アクティブなカーライフに華を添える多彩なボディカラー。全8色が用意され、そのうち5色が2トーンルーフ仕様。シンプルな道具感を演出する白、黒、銀のモノトーン仕様も設定されている。

 

パワートレーンは、マイルドハイブリッドのNAもしくはターボエンジンにCVTの組み合わせ。それぞれにFF、4WDを用意する。先進安全装備「スズキ セーフティ サポート」も設定する。

まさかの軽スーパーハイトワゴンに追加されたSUV感たっぷりの「スペーシア ギア」。新たなムーブメントになりそうな予感がムンムン。気になる人はスズキのお店へゴー! といってもまだ実車は見られないので、こちらでカタログをゲット!?

 


スズキ

http://www.suzuki.co.jp/