トヨタの”後付け”「踏み間違い加速抑制システム」をいきなり実地検分!!

トヨタは後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を2018年12月5日に発売した。高齢者をはじめとした、駐車場などでのペダル踏み間違いによる事故が、交通事故割合の中でも高くなってきているという。そういった意味でも今回の製品は、踏み間違いによる衝突事故時の被害軽減にかなり役立ちそうだ。

トヨタは、「交通事故死者数ゼロ」という究極の目標に向けて、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス=TSS)」と「インテリジェンスクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新型車への採用を進めている。これに加えて、より多くのユーザーに安全・安心なカーライフを提供するため、愛車に長く乗っているユーザーに向けた後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を開発したという。

今回発売したのは30型プリウスとアクア用だが、これは保有台数が多く、所有者の平均年齢が高いということから。今後こういった車種・年式のモデルに対して順次対応を拡大していくという。

では、どんな感じでシステムが働くのか? 実際に体験した動画があるので確認してほしい。

 

”踏み間違い加速抑制”の機能は2つ

後付け「踏み間違い加速抑制システム」には2つの機能がある。それぞれの制御は以下のとおりだ。

機能1:前方・後方の障害物に向かって、急発進してしまった際に加速を抑制する

・進行方向約3m以内にある壁などの障害物を検知しブザー音で注意を促す。
(ブザー音:ピッピッピッ・・・)

・ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまっても、加速が抑制される(クリープ状態で進む)。同時に車内の表示機に「アクセルを離してください」と表示。これらでドライバーに踏み間違いを認識させることで衝突時の被害を軽減。
(ブザー音:ピーーーー・・・)

 

機能2:後退時に速度が出すぎないように加速を抑制する

・後退時に約5km/h以上になるとシステムが作動

・約5km/h以上でアクセルを踏んでしまっても加速が抑制され、それ以上の速度にならないように制御する。同時に車内の表示機に「アクセルを離してください」と表示される。
(ブザー音:ピピピピ・・・)

 

●フロントに超音波センサーを2つ装着する
●リヤにも2つセンサーを装着。システムは、センサーを含め車種に合わせて専用設計される
●センサーが障害物を検知すると、車内の表示機にその方向を表示(写真では表示機画面の右側上)。表示機上部にはシステムを一時的にオフにするスイッチがある
●もしアクセルペダルを強く踏み込んで閉まった場合、ブザー音とともに表示機にアラートを表示。ドライバーにアクセルから足を離すよう促す
●システムの構成部品

 


どんな車種でも取り付けられるわけではない

センサー部は今回発売したプリウス・アクアともに同じ部品。でもバンパー形状に合わせて専用の取り付けパーツを設計。さらに、車種ごとにセンサーの作動範囲を調整して開発するため、現状の2モデルでもそれぞれの品番が与えられている。対応車種は順次拡大予定だ。

 

ちょっと目立つセンサー部はいまのところ黒だけ

後付け「踏み間違い加速抑制システム」は、ブラックカラーの超音波センサーを前後に2つずつ装着する。これはインテリジェントクリアランスソナー(ICS)に用いられるものと同じセンサーを使用しているという。ただし、障害物の検知範囲などを専用設定としているそうで、まったく同じものではないそう。

でも、部品が同じなら販売店オプションとして純正用品で販売するICSにあるシルバー、ブラック、ホワイトのようなカラーバリエーションがあってもいいのではないか? この件について担当者に聞いてみると、ブラックのみの設定だという。塗装するとセンサーの感度が低下することもあり、現状ではどのボディカラーでも不自然さのない色としてブラックを採用したそう。今後ユーザーの要望が多ければ、カラーバリエーションが増えるかも。

 

万が一のときの衝突被害を軽減する後付け「踏み間違い加速抑制システム」。だがブレーキ制御を行わないなど、ICSの機能とは違ったものである。したがって、ブレーキは運転者がかけなければならない。道路状況や車両状態、天候状態などによっては作動しないこともあるから、過信は禁物。今乗るクルマにさらに長く安心して乗れるように、装着しても事故には十分に気をつけてほしい。

 


[後付け「踏み間違い加速抑制システム」製品概要]

価格:5万5080円(取り付け費などは含まず)

販売場所:全国のトヨタ車両販売店

 

[対応車種]

●プリウス(3代目)

プリウス:2009年5月18日〜2015年12月19日に販売されたモデル(除く、G’s、ウェルキャブ全車)

●アクア

アクア:2011年12月26日〜2018年4月2日に販売されたモデル(除く、G’s、GRスポーツ、Xアーバン、クロスオーバー、ウェルキャブ全車)

 

写真=山内潤也


トヨタ

https://toyota.jp/

 

 

トヨタが愛車に後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」を発売。まずはプリウス、アクアから