[TAS2019]市販化が待ち遠しい! STIのコンセプトカーが4台登場

STIが提案する安全で愉しいコンセプトカーたち

スバルとSTIのブースには、STIがチューニングを手がけたコンプリートカーが4台展示された。

●フォレスター アドバンス スポーツコンセプト

まずは流行りのスポーティSUV風に仕上げた、e-BOXER車両初となるコンセプトカー「フォレスター アドバンス スポーツコンセプト」。19インチまでインチアップされたホイールのなかに、ブレンボのブレーキを装備しハイパフォーマンスをアピールする。サスペンションはローダウンされ、ダンパーもタイヤに合わせ最適化。さらにブレーキキャリパーと同じ蛍光イエローが配されたエアロパーツも備わり、スポーティに仕上がっている。内装にも蛍光イエローをアクセントとして使用した、グレーの2トーンカラーを採用。昨今のスポーツウエアのような配色で、雰囲気を盛り上げている。

●蛍光イエローのアクセントが、ボディの各部に入る
●ホイールは19インチへ大径化。フロントブレーキにブレンボ製を採用し、キャリパーは蛍光イエローに塗装される
●濃いグレーを基本に薄いグレーを配した2トーンカラーのインテリア。外装にも使われる蛍光イエローをアクセントとして使っている
●さりげなく入る「STI Performance」のロゴが、カッコいい
●最近のスポーツウエアのような配色のシート

 

レヴォーグ、WRX S4、BRZに続く人気グレード「STIスポーツ」の第4弾として登場したのは、インプレッサスポーツ。今までのSTIスポーツと同様サスペンションには独自のチューニングが施され、高級感のある内外装も加えられた。ボルドーカラーのインテリアや、ブラックルーフの2トーンカラー、センター出しマフラーなどが装着され、インプレッサに新たな魅力を生み出している。市販化が待ち遠しいモデルだ。

●インプレッサSTIスポーツ コンセプト。アンダーボディのエアロパーツと2トーンのブラックルーフが目を引く

 

WRX STIラリーコンセプトは、かつてWRCを席巻したGr.Aワークスマシンをオマージュしたコンセプトモデル。ゴールドに塗装されたアルミホイールを見ると、WRC最強を誇ったあの時代を思い出す人も多いだろう。外装ではチェリーピンクのアクセントがフロントグリルに入り、バンパーにはリップスポイラーを備える。内装にはフロントにレカロのフルバケットシートと、6点式のシートベルトを装着。ほかにもS208やRA-Rに投入されたパーツが与えられ、本格スポーツ走行に適した仕様になっている。

●WRX STIラリーコンセプト。強かったWRCマシンのイメージを生かしたコンセプトカーだ

 

本来設定のないクールグレーカーキのボディカラーが新鮮なレヴォーグは、STIパフォーマンスと名付けられたコンセプトカー。エアロパーツのほかに、フレキシブルパーツ各種やブレーキローター、マフラーなど、STIの誇るハイパフォーマンスパーツがふんだんに装着された、カスタマイズのサンプルモデルだ。

●レヴォーグSTIパフォーマンス。STIのハイパフォーマンスパーツを盛り込んだ、カスタムコンセプトだ

 

<文=本誌・青山 写真=山内潤也>


詳しくはコチラ↓
スバル オフィシャルサイト
STI オフィシャルサイト

 

これが最後!? S209がデトロイトショーでデビュー!

スバリストの聖地「STIギャラリー」リニューアル!