[TAS2019]こんなジムニー、発売してほしい! ピックアップコンセプトが登場

やはり話題の中心はジムニー!

2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、4代目に進化したジムニー。スズキのブースでは、やはりジムニーが主役だった。2台のコンセプトカーがメインステージに鎮座していた。

1台目はジムニーシエラをベースにした、「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」。ボディ後部に荷台を架装したピックアップのコンセプトモデルだ。過去にはソフトトップもあったジムニーだが、これはその過去の幌モデルを思い出させてくれる形でもある。しかし、ベース車からはリヤのオーバーハングがしっかりと延長され、さらには荷台のほかにも、キャビン内フロントシート後方に小物が置けるスペースを設けるなど、積載性はかなり増えている。外板に木材を使用したり、荷台にロールバーとライトポッドを追加したり、シンボルでもあるサイのマークがそこかしこに見られたりと、遊び心満載のコンセプトカーだ。

●ボディ同色のグリルにはSマークではなく英字のSUZUKI。アンダーガードも重厚感がありカッコいい
●荷台の後部はアオリ戸になっている。サイのマスコットは、両サイドのドアにもいる

この仕様がそのままラインアップされていてもおかしくないと思わせるほどの完成度。まったく違和感がない。海外でもピックアップに改造するビルダーがいるほど、需要はあるジムニーピックアップ。今回はコンセプトカーではあるが、反響次第では市販化される可能性も!?

●助手席前のバーハンドルにも、木目+サイが!
●シート後ろには、ちょっとした荷物置きに使えるスペースが設けられている

 

2台目もジムニーのコンセプトカー。「ジムニー サバイブ」と名付けられたこちらは、完全武装されたオフローダーだ。地上高を稼ぐためのリフトアップをはじめ、ボディサイドやガラスの損傷を防ぐアウターロールケージや、シャシーの底面を保護するアンダープロテクターを追加。フロントバンパーもアプローチアングルを稼ぐため小型のものに換装されている。悪路における走破性を重視した仕様で、ジムニーを冒険の相棒として使う人のためのコンセプトモデルだ。

●サイドサポートに毛皮のようなものを使った斬新なシート。あったかそうだ

●一昔前の追加メーターは、正方形の液晶ディスプレイへ変わっている

●ラゲッジルームには、車中泊用のマットも入っていた

 

オンロード派に人気のスイフトスポーツも、コンセプトカーが登場した。「スイフトスポーツ イエローレブ」の注目はボディの塗装だ。一見イメージカラーのチャンピオンイエローにも見えるが、このボディカラーはパールが入ったショー専用の「高彩度イエローパール」と呼ばれる特別塗装色。同じ色が、インテリア内のステアリングやインパネにもアクセントとして使用され、スポーティな雰囲気を盛り上げてくれる。

 

<文=本誌・青山 写真=山内潤也>


詳しくはコチラへ↓

スズキ オフィシャルサイト