ヴェゼルターボ発進! 一体感を増した走りが魅力

●ボディカラーは新色が2つ追加された。写真はその内のひとつで、プレミアムクリスタルブルーメタリック

 

走りの良さに期待! ますます魅力的なSUV

ホンダは2019年1月31日、人気のコンパクトSUV「ヴェゼル」に1.5L VTECターボエンジン搭載車を追加し発売した。駆動方式はFFのみで、価格は290万3040円。

●RSと同じボディロアガーニッシュが備わる

「ツーリング」と名付けられた待望のターボグレードは、兄貴分のCR-Vをはじめシビック、ステップワゴン、ジェイドなど、ホンダの主要車種に採用されるL15B型エンジンを搭載。172馬力/220Nmを発生し、トルク感の続く伸びやかな加速感が特徴だ。同時にボディの剛性も向上。専用仕様のパフォーマンスダンパーやアジャイルハンドリングアシストなどの装備と相まって、クルマとの一体感が得られるしなやかな乗り味も実現している。

●1.5L VTECターボエンジン。車重の軽さを生かした気持ちのいい走りを見せてくれるだろう

内外装には数々のツーリング専用装備が見受けられる。ヘッドライト、フロントグリル、フロントバンパーロアグリルなどのフロントまわりだけでなく、左右2本出しのマフラーやブラウンカラーの専用インテリアなど、多岐に渡っていて上質感を演出している。

●ヘッドライトはブラック塗装のガーニッシュが備わり、クロームメッキの専用フロントグリルが与えられ精悍さを増したフロントマスク
●左右2本出しのマフラーが、ターボ搭載の新グレード「ツーリング」の証
●18インチのアルミホイールは専用のグレー塗装が施されている
●ブラウンカラーの専用インテリア
●ダークグレーとブラウンの2トーンカラーシートも専用装備

1.5LのNAとハイブリッド、そして今回のターボと、選択肢がさらに増えたヴェゼル。登場から6年目に入った累計販売36.7万台のベストセラーSUVだが、スタイリッシュなデザインと他を圧倒するユーティリティは健在。まだまだ魅力は尽きそうにない。

 

<文=編集部・青山>


■ツーリング ホンダセンシング(FF・7速CVT) 主要諸元 【寸法mm・重量kg】 全長×全幅×全高:4340×1790×1605 ホイールベース:2610 トレッド:前1535/1540 最低地上高:170 車両重量:1360 乗車定員:5人 【エンジン・性能】型式:L15B 種類:直4DOHCターボ 総排気量:1496cc ボア×ストローク:73.0mm×89.4mm 圧縮比:10.6 最高出力:127kW(172ps)/5500rpm 最大トルク:220Nm(22.4kgm)/1700~5500rpm 使用燃料・タンク容量:レギュラー・50L JC08モード燃費:17.6km/L 最小回転半径:5.5m 【諸装置】サスペンション:前ストラット/後トーションビーム ブレーキ:前Vディスク/後ディスク タイヤ:前後225/50R18 【価格】290万3040円


詳細はコチラ↓
ホンダ オフィシャルサイト