ロードスターに小粋な赤幌車を設定! 質感と走りも変わった!

質感を高めて所有欲を満たす

マツダは小型オープンスポーツカー「ロードスター」と「ロードスターRF」の一部改良を実施、併せて特別仕様車「RED TOP(レッドトップ)」を全国のマツダ販売店で2017年11月10日より予約を開始し、12月14日に発売する。

今回の改良はおもに機能と質感の向上だ。まず、ロードスターの普遍価値である「人馬一体」の走りをさらに磨き上げるため、リヤサスペンションと電動パワーステアリングの制御にチューニングを施した。これによりしなやかで上質な走りに進化したという。さらに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」のアダプティブLEDヘッドライト(ALH)を採用した。このほか新たに3色のボディカラーを設定する

改良点は以下のとおり

[ソフトトップ/リトラクタブルハードトップ(RF)共通]

■装備の質感、オープン走行時の快適性を向上

・リヤコンソールボックス(キー付き)内部床面に遮音マットを追加し、小物類の転がり音を低減

・布シートにシートヒーターを設定(ソフトトップ:Sスペシャルパッケージにオプション/RF:Sに標準装備)

・サンバイザーに表皮巻きタイプを設定(ソフトトップ:Sレザーパッケージ、RS、RED TOP/RF:全車に標準装備

■3色(ソウルレッドクリスタルメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカ、エターナルブルーマイカ)のボディカラーを新採用

■先進安全装備「i-ACTIVSENSE」のアダプティブLEDヘッドライトを新採用。ステアリングに連動して進行方向に照射をコントロールすることで、夜間の視認性を向上させた。(ソフトトップ:Sレザーパッケージ、RS、RED TOPに標準装備。Sスペシャルパッケージにメーカーオプション/RF:VS、RSに標準装備。Sにメーカーオプション)

[ソフトトップのみの変更箇所]

■走りの質感を向上。リヤサスペンションと電動パワーステアリングのチューニングを変更し、ステアリングフィールを改良。併せて静粛性を向上

■タコメーターの文字に白印刷を追加。LEDによる発光と併せて発色を改善。昼間走行時の視認性を向上させている。

■マシーングレープレミアムメタリックを新採用

 


ロードスター RED TOP(特別仕様車)

赤幌仕様の特別仕様車

特別仕様車「RED TOP」は、ソフトトップをダークチェリーカラーとし、ボディカラーとのコントラストを際立たせるボディ同色のドアミラーが付く。また、高輝度塗装の16インチアルミホイールを専用装備し特別感を演出する。

インテリアにはオーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートを採用。今までとは違う、個性的なカラーコーディネーションとしている。RED TOPの注文受け付けは2018年3月31日まで

 

■バリエーション&価格

グレード駆動エンジン変速機価格
RF RSFR2Lガソリン6速MT374万7600円
RF VS6速AT360万7200円
6速MT358万5600円
RF S6速AT327万2400円
6速MT325万0800円
RS1.5Lガソリン320万7600円
RED TOP(特別仕様車)6速AT315万3600円
6速MT304万5600円
Sレザーパッケージ6速AT315万3600円
6速MT304万5600円
Sスペシャルパッケージ6速AT280万8000円
6速MT270万0000円
NR-A264万6000円
249万4800円
ロードスター RED TOP(特別仕様車)
ロードスター RED TOP(特別仕様車)

問い合わせ:マツダ

TEL:0120-386-919 http://www.mazda.co.jp/