パナメーラを狙い撃ち? メルセデスAMG GTに4ドアクーペが登場

●メルセデス・ベンツ日本の上野社長(右)と、メルセデスAMG商品企画統括のサイモン・トムス氏

 

似ているけどCLSとはまったくの別物

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、メルセデスAMGが独自開発した第3のモデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表した。注文受付を同日に開始し、デリバリーは2019年5月以降を予定している。価格は1146万円から。

●GT 63 S
●GT 53
●GT 43
●GT 53
●GT 53
●GT 53

パッと見では、昨年発売された3世代目のCLSと同じように見えるが、それは大きな間違い。まったくのニューモデルである。それはリヤフォルムを見れば一目瞭然。AMG GT 4ドアクーペのほうが、ルーフラインがなだらかなクーペフォルムに仕上げられ、ラゲッジの開口部もハッチゲートになっている。

●GT 63 Sのラゲッジルーム。通常時は461L、写真のリヤシートを倒した状態で1324Lの容量を確保している
●GT 63 Sのマフラーエンドだけ角形となる
●GT 53のマフラー。エンドの形状は43と共通の円形4本出し

そして、そのリヤエンドには可変式の格納型リヤスポイラーも備わり、速度域によって5段階の角度に自動で調節される。いかなる時でも最適なダウンフォースが得られる装備だ。

●GT 53のリヤリトラクタブルスポイラー。角度は5段階。速度との関係は、下記リンクの動画でご確認を
●GT 63 Sのエアパネル。エンジンの温度が上昇したときに開き、ラジエーターにより多くの空気をあてる

ダウンフォースが得られる装備は、フロントにも。AMG GTの2ドアクーペにも採用される電子制御式垂直ルーバー「エアパネル」が、フロントのアンダーグリルに備わる。これは、高速走行時や制動時、コーナリング時など普段は閉じられているシステムで、空気抵抗の低減と、気流をアンダーボディに導くことによる揚力の低減に効果がある。そしてエンジン冷却時はルーバーを開き、最大限に空気を送り込む、最近のメルセデスモデルに見られる装備である。

●GT 43
●GT 63 Sのコックピット
●GT 43のフロントシート
●GT 43のリヤシート。世界的に見ても珍しい、5人乗りのスーパースポーツだ
●GT 63 S
●GT 53
●GT 43

発表会場には、全3グレードすべてが展示された。トップモデルは「GT 63 S 4マチック+」。Vバンクの谷間にターボチャージャー2つを配する最新のV8ユニットを搭載し、639馬力/900Nmを発揮する。0→100km/h加速3秒2、最高速度315km/hという世界トップクラスの性能を誇る、紛れもないスーパースポーツだ。

●GT 63 SのV8ツインターボユニット
●GT 63 Sにも搭載されるV8ユニット。Vバンクの内側にターボチャージャーが収まっているのが確認できる
●こちらはGT 63 S エディション1。2019年3月末日までの期間限定モデルで、ホイールが21インチの専用デザインとなる。価格は2477万円
●GT 63 S エディション1。リヤスポイラーが固定式に変更されている
●GT 63 S エディション1のインテリア。ブラック仕上げのステアリングスポークは専用装備
●GT 63 S エディション1のインテリア。ベルトやステッチがイエローに変更されている

そして、同じAMG GTでも2ドアクーペには搭載されないエンジンを新たに採用したのが、「GT 53 4マチック+」と「GT 43 4マチック+」だ。この2グレードには、メルセデス・ベンツが誇る世界最先端の6気筒ユニットが与えられた。3L直6ターボに電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらに48V電気システムのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたマイルドハイブリッドも備えるこのパワーユニット。GT 53では435馬力/520Nm、GT 43では367馬力/500Nmをそれぞれ発生させ、回生ブレーキによる発電と、その電力による動力補助も行う最新のパワーユニットである。

●GT 43のエンジン
●GT 43

5人乗れるクルマのなかでは、間違いなく世界最速の部類に入るAMG GT 4ドアクーペ。想定されるライバルは、こちらもモデルチェンジ後で大人気のポルシェ パナメーラだろう。価格帯もほぼ同じで、どちらもハイブリッドシステムを搭載する(ポルシェはプラグインハイブリッド)。F1で鍛えたテクノロジーか、ル・マンで鍛えたテクノロジーか。オーナーにとっては悩ましくもあり、嬉しい選択肢が増えた。

●AMG GTの今シーズンのレーシングカーも飾られていた。手前がスーパー耐久のGT4、奥がスーパーGTのGT300クラスに参戦するGT3車両

 

<文&写真=編集部・青山>

 


モデルラインアップ
●4LV8ターボ
メルセデスAMG GT 63 S 4マチック+        2353万円
●3L直6ターボ+SC+ISG
メルセデスAMG GT 53 4マチック+(ISG搭載モデル) 1593万円
メルセデスAMG GT 43 4マチック+(ISG搭載モデル) 1176万円

 

■メルセデスAMG GT 53 4マチック+(4WD・9速AT) 主要諸元 【寸法㎜・重量㎏】 全長×全幅×全高:5054×1953×1455 ホイールベース:2951車両重量:ー 乗車定員:5人 【エンジン・性能】型式:M256 種類:直6DOHCターボ+スーパーチャージャー 総排気量:2999cc ボア×ストローク:83.0mm×92.4mm 最高出力:320kW(435ps)/6100rpm 最大トルク:520Nm(53.0kgm)/1800〜5800rpm 使用燃料・タンク容量:プレミアム・66L WLTCモード燃費:ーkm/L 最小回転半径:ーm 【モーター】種類:ー 最高出力:16kW 最大トルク:250Nm(25.5kgm) バッテリー:リチウムイオン電池 【諸装置】サスペンション:前後マルチリンク ブレーキ:前後Vディスク タイヤ:前265/40R20/後295/35R20 【価格】1593万円

 

詳細はコチラ↓
メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト


クルマと対話する時代がついに到来! メルセデス・ベンツ 新型Aクラス登場