[ジュネーブショー]「IMQ」は次期ジュークじゃないの? e-POWERを欧州市場にも投入宣言!

日産は、現在開催中のジュネーブショーにて、電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開した。日本限定だったe-POWERを、ついに欧州市場へ投入すると発表したのだ。その時期は、2022年までに欧州の量販モデルに搭載、とのこと。

●なかなか期待できそうなデザイン。ハイスペック版の4WD“e-POWER”を搭載するにふさわしいスポーティさだ

e-POWERは、ノートやセレナに搭載され、日本で人気を博している。このパワートレーンは、エンジンでガソリンを燃やして発電した電力のみでモーターを駆動させるもの。それゆえ、アクセルのオン/オフはまさに電気自動車と同じフィーリングで、レンスポンスに優れた加速フィールが最大の魅力。燃費も、市街地ならかなり期待できる。この魅力を、欧州市場にも投入して一気に電動車両拡販を狙う模様だ。

ハイスペックで4WDな“e-POWER搭載”を想定

そんな“欧州e-POWER戦略”の狼煙となった「IMQ」なるコンセプトカーは、先進の技術とデザインを搭載した四輪駆動車。前後にモーターを配置し、路面を選ばぬタフな走りを実現……しているのだろうか。どうやらこのe-POWERはハイスペック版のようで、「マルチモーターAWD」と説明。スムーズで力強い走りを実現しているという。結構、期待できるかも!

日産は、インフィニティも含めて本当に多くのコンセプトカー披露してくれる。なかなか市販型につながらないのにやきもきするのだが、この「IMQ」は、どんな市販車を想像したらいいのだろうか。ボディサイズなどのスペックは公開されておらず、どんなカテゴリーに属するかも現時点では不明。ただ、近々フルモデルチェンジが期待されるクロスオーバーSUVといえば……ジュークだ。関係者に、「これはジューク?」と聞くも、「違うんじゃないかな……」と流される始末。このあたりは、追って現地からの情報を待つことにしよう。

一方、e-POWERの最大のネックは電気自動車同様、高速道路などをハイペースで走行したときの燃費。モータードライブに共通する悩みだ。e-POWERの場合、エンジンが発電を続け、なかなか燃費が伸びにくいのだ。

欧州への投入、すなわちスピード域の高い市場とe-POWERの親和性には心配が残るが、そのあたりもクリアできるのが2022年というタイミングなのだろう。

●e-POWERのシームレスな加速からイメージしたとされるシームレスなインパネデザイン。ぜひ市販車に投入してほしい……
●観音開きはもちろんショーカーだから。シートの配列からいっても、そんなに大きいクロスオーバーSUVではなさそうだが……

〈文=編集部〉