[ジュネーブショー]これは? WRCのベースマシンか? スバルがコンパクトSUVのコンセプトカーを発表

●車高が上げられた、クロスオーバーSUVのコンセプトカー。このサイズはもしかして?

大胆なデザインのコンパクトSUV

スバルは2019年3月5日、ジュネーブ国際モーターショーにてコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」をワールドプレミアした。

 

スバルが2014年から掲げているデザインフィロソフィ「ダイナミック×ソリッド」。これに基づいたコンセプトカーの第7弾。今回も例に漏れず「VIZIV」の名が与えられたニューコンセプトカーには、今までとは違うエッセンスが加わっている。

2018年7月にスバルが発表した、これまでよりも「大胆」なデザイン表現への進化。今回のアドレナリン コンセプトには、「BOLDER」のキーワードが与えられた。BOLDERとは特徴をより際立たせ、乗る人全員をさらに愉しい気持ちにさせる。そんな願いが込められているようだ。

アドレナリン コンセプトは、ひと目でわかる通り、コンパクトなクロスオーバーSUV。日本だけでなく世界中でもブームとなっている、カテゴリーだ。見るからにマッシブなエクステリアは、プロテクターが大胆にあしらわれたXV風。しかしドアの大きさやホイールベースから、XVよりもひとまわり小さなサイズだろうと予測できるだろう。

CセグメントのインプレッサとXVが、現在のスバル車のなかでは最小サイズ(軽自動車を除く)。その下を担うモデルのコンセプトカーなのかもしれない。サイズやスペックなどが一切公表されていないので、あくまでも推測ではあるのだが……。

ぜひ、このモデルでWRC復活へ!

もしこのモデルが発売されるとなると、ひとつ期待できることがある。それは、スバルのラリーへの復活だ。最近のスバルには元気が感じられないと思っている人も多いだろう。もっとアドレナリンが湧き出てくるような、見ている人が熱くなるようなクルマ。そんなクルマを欲しているのはスバルが1番わかっているから、この名前でコンセプトカーを出してきたのかもしれない。

ご存知のとおり、WRCを筆頭とする現在のラリーはBセグメントのマシンがベース車となっている。ラリーの人気が高い欧州では、いまだにスバル=ラリーのイメージが強いこともあり、ラリーフィールドへの復活を望む声も少なくない。WRC復活への狼煙となるのか? 1995〜97年にWRCを3連覇した、あの頃の熱いスバルをもう一度! そんなことを、この鮮やかなブルーのボディを見ながら考えてみた、ラリーファンの担当者でした。

 

 

<文=編集部>