レッドブル ホンダ、開幕前に東京で始動!? 1万人を集めた東京デモランは大成功!

 

開幕前なのに緊張してないの?

2019年シーズンがまもなくスタートするFIA F1(フォーミュラ・ワン)世界選手権。3月15日には、オーストラリアのアルバートパーク サーキットで開幕戦のセッションが開始する。

日本のファンにとって今シーズンの注目は、なんと言ってもアストンマーティン レッドブル レーシング(以下レッドブル)だろう。今年からPU(パワーユニット)を、ルノーからホンダへスイッチ。レッドブル トロロッソ ホンダ(以下トロロッソ)も含めて、レッドブルグループの4台がホンダ軍団となる。

そのホンダ軍団が、開幕1週間前の3月9日に日本へやってきた。開幕戦のオーストラリアに行く途中に立ち寄った形だが、ホンダ主催のキックオフイベントと、レッドブルによるデモランが予定されていたからだ。

●トークショー後の記念撮影では、山本部長が音頭をとり肩をくんだホンダ軍団。心なしか、みな表情は柔らかかった

キックオフイベントは、ホンダのウエルカムプラザ青山でトークショーという形で行われた。

●アストンマーティン レッドブル レーシング
のチームメンバー

ホンダからは山本雅史モータースポーツ部長と田辺豊治F1テクニカルディレクターが参加。レッドブルからはモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコ博士のほか、クリスチャン・ホーナー監督と、レギュラードライバーのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリー。トロロッソからはフランツ・トスト監督と、同じくダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンの両ドライバーが参加した。

●トロロッソのトスト監督(右)と、ルーキードライバーのアルボン(左)
●クビアト(右)も終始笑顔だった

事前のバルセロナテストでの話が中心とはなったが、みな話しているときが笑顔で、余裕の表情だったことは印象的だった。開幕前のピリピリした緊張感など、微塵も感じられない。レッドブルのホーナー監督は、「レッドブルが、今だかつてないほどの新時代を迎えている。ホンダとのテストは、開発が驚くほどシームレスということもあって、スムーズに行われた。開幕戦が楽しみだ」と笑顔でコメントしている。

●ホーナー監督は終始上機嫌!
●ガスリーも笑顔を交えながら話していた
●普段のクールな表情からは、こんな笑顔は想像できない。マックスも楽しそう

 

そして、デモランの様子は? 次ページへ→