ホントにこの装備でこの価格? プジョー新型508がデビュー

●発表会場は都内の恵比寿。決してヨーロッパではありません。でもそれっぽい建物がありましたので、撮っておきました
●GT

プジョーのフラッグシップサルーン「508」がフルモデルチェンジし、2019年3月20日に発表。発売とデリバリーも同日に開始している。価格は417万円から。

輸入車を中心に人気を集めている、欧州Dセグメントのミドルサイズセダン。BMW 3シリーズやメルセデス・ベンツ Cクラス、アウディ A4などが代表車種だが、昨年から今年にかけてこのクラスに新型が続々と登場している。プジョーが送り出した新型508もその1台だ。

●GTライン
●GT
●GT リヤは3本の爪痕をモチーフにしたテールランプ
●GT

クーペフォルムのハッチバックボディ

新型508はボディ形状を大きく変えてきたことが、1番の特徴だ。昨今の流行でもある4ドアクーペ風に仕立てられたボディは、全高が低くなりリヤのウインドーもなだらかな傾斜となっている。そしてそれに伴い、リヤの独立トランクは大型ハッチゲートを備えたラゲッジルームに改められた。容量も拡大し、通常の5人乗車時で487L、リヤシートを畳んだ状態で1537Lにまで容量が増やせる。ちなみにこの数値は、先代508に比べ156Lも増えている。

●GTラインのラゲッジルーム。リヤシートは6:4の分割可倒式
●GTライン リヤのハッチゲートは電動で開閉可能
●GT ラゲッジルームの床下には、テンパータイヤが入っている。最近では珍しい

縦に伸びるデイライトが特徴的なヘッドライトや、プジョーの新しいシグネチャーでライオンの爪痕をモチーフにした3本ラインのリヤコンビネーションランプは、もちろんフルLED式。サッシュレス構造を採用した左右のドアなど、エクステリアのハイライトは盛りだくさんだ。

●GT フロントの点灯パターン。ヘッドライトは片側2眼式だ
●GT リヤの点灯パターン

インテリアも最新のプジョーiコックピットにより先進的に仕立て上げられた。逆回転のタコメーターを含む12.3インチデジタルスクリーンのメーターパネルと、センタークラスターの8インチタッチスクリーンによって、ダブルディスプレイを形成。他車種のiコックピット同様、スクリーンのすぐ下にはトグルスイッチを設け、運転中でも操作しやすいようにしている。

●GTライン コックピットはディスプレイがドライバー側に傾いている。ステアリングの上からメーターを見ることは変わりない
●GTライン メーターは12.3インチのフルディスプレイタイプ。タコメーターが逆回転する

 

先進運転支援が、標準装備!?

プラットフォームには、SUVの3008や5008と共通のEMP2プラットフォームを採用。定評ある走りの良さは、新たにアクティブサスペンションを設定し次のステージへと進化した。センターコンソールにあるドライブモードセレクターで、ノーマル、エコ、コンフォート、スポーツの4つのモードを選択できる。

●GTライン シフトレバーの前方、エンジンスタートスイッチの左側がドライブモードセレクター。シフトレバーの根本にあるスイッチは、自動パーキングスイッチだ
●GTの2Lディーゼルターボ。400Nmのトルクを発揮する

エンジンはこちらもSUV系と同様、2Lクリーンディーゼルターボ「Blue HDi」と1.6Lガソリンターボの「PureTech」との2本立て。組み合わされるトランスミッションはすべて、8速ATのEAT8だ。日本市場に展開されるグレードは、Blue HDiの「GT」と、PureTechの「GTライン」「アリュール」の3種がまず導入される。のちにステーションワゴンのSWが19年の夏以降に、そしてPHEVもスタンバイしているそうだ。

●GTライン 1.6Lガソリンターボエンジン

忘れてはいけないのが、先進運転支援システム。508ではプジョー・シトロエングループ内での最新のものが与えられた。全車速に対応したアダプティブクルーズコントロールや、第2世代アクティブセーフティブレーキ、車線を維持してくれるレーンポジショニングアシストなど、これらの運転支援システムが全グレードに標準装備されている。

●GT 専用デザインの18インチホイール
●GTライン サイズは同じだが、デザインがGTと違う

こんなに安くてホントにいいの?

最後に価格設定。超戦略的とも言えるプライスタグこそ、この新型508の最大のハイライトかもしれない。

最上級の「GT」でも500万円を切った価格。エントリーグレードの「アリュール」に至っては417万円に設定されている。これは前述の先進運転支援がオプションではなく、標準装備であるにも関わらずだ。輸入車Dセグメントでは、かなりお買い得な価格設定と言えるだろう。同クラスの他車を見れば一目瞭然だが、100万円以上差がつく車種もあるほどだ。

●GTライン オプションのフルパッケージオプションを選ぶと、写真のナッパレザーシートが付いてくる。標準装備は、シートの真ん中部がスウェード調の素材となる
●GTライン リヤシートは頭上に少々圧迫感を感じるかもしれない。スペース的には問題ない

すでに日本国内でも人気のある3008や5008のプラットフォームとパワートレーンを受け継ぎ、魅力的な価格設定とした新型508。セダンの購入を考えている人は、1度試乗してみたほうがいいだろう。流麗なスタイリング、iコックピットの上質なインテリア、そして「猫足」とも称されるプジョー独自のしっとりとした乗り心地。これらが気に入れば、508は間違いなく買いの1台になるだろう。

 

<文&写真=編集部>

 

動画でもご覧ください↓

 

モデルラインアップ
●2L直4ディーゼルターボ
GT          492万円
●1.6L直4ターボ
GTライン       459万円
アリュール       417万円


■GT(FF・8速AT) 主要諸元 【寸法㎜・重量㎏】 全長×全幅×全高:4750×1860×1420 ホイールベース:2800 車両重量:1630 乗車定員:5人 【エンジン・性能】種類:直4DOHCディーゼルターボ ボア×ストローク:85.0mm×88.0mm 総排気量:1997cc 圧縮比:16.7 最高出力:130kW(177ps)/3750rpm 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000rpm 使用燃料・タンク容量:軽油・55L WLTCモード燃費:16.9km/L 最小回転半径:5.5m  【諸装置】サスペンション:前ストラット/後マルチリンク ブレーキ:前Vディスク/後ディスク タイヤ:前後235/45ZR18 【価格】492万円


詳細はコチラ↓
プジョー オフィシャルサイト

 

 

 

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの