日産、沖縄県初の「NISSAN e-シェアモビ」ステーションを名護市役所に開設

NISSAN e-シェアモビ
●「NISSAN e-シェアモビ」名護市役所ステーション

日産自動車は2019年3月26日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のステーションを沖縄県名護市役所にオープンした。これは沖縄県で初となる。

NISSAN e-シェアモビ

今回、名護市役所に設置した「NISSAN e-シェアモビ」ステーションには、電気自動車(EV)の「日産リーフ」を4台配備する。このステーションは、平日は名護市役所の職員が沖縄県内を業務で移動するための公用車として活用し、土、日、祝日は一般ユーザーがシェアリングとして利用できる「NISSAN e-シェアモビ」初の利用者共存サービスモデルとなる。

利用者共存サービスモデルという新たなモビリティサービスの提供は、クルマの遊休時間を有効活用できるだけでなく、観光などで名護市を訪れる県外の多くの人が、EVならではの走行や環境性能を体感できるものとしている。

今回の名護市役所での「NISSAN e-シェアモビ」サービス開始のほか、高知県でもリコーグループと協力し、リコージャパン高知支社の駐車場にステーションを設置。平日はリコージャパンの営業車として、土、日、祝日は一般向けのシェアリングサービスとして2019年3月末に運用を開始する。

日産のEVやe-POWERをシェアリングで体感

「NISSAN e-シェアモビ」は、日産のEVとe-POWERのみを使ったカーシェアリングサービスで2018年1月にスタート。電気自動車ならではの電動化技術によるドライビングの楽しさと快適さ、そして自動運転技術や自動駐車技術などの知能化技術を気軽に体感できるものだ。免許証がそのままIDカードとなり、15分単位で利用できることや、利用時の距離料金が追加発生しないこと、清掃を毎日実施することなどが、多くのユーザーに評価されているという。

「NISSAN e-シェアモビ」はサービス開始から約1年で、ステーションの数が500カ所を突破、2018年度のステーション設置計画数を上まわったそうだ。

今回設置された沖縄をはじめ、観光で各地を巡る際には、楽しみの1つの要素として「NISSAN e-シェアモビ」で日産のEV技術を体感してみるものいいかもしれない。

 

「NISSAN e-シェアモビ」の詳しい情報についてはこちら

 

なお、2019年4月1日より「NISSAN e-シェアモビ」の利用料金が改定される。新料金プランについてはhttps://e-sharemobi.com/newprice/を確認のこと。

 


日産

http://www.nissan.co.jp