楽ナビが超進化。ドラレコはフルラインアップ!? カロッツェリアが2019年夏の新製品を一挙発売

パイオニアは2019年4月15日、カーナビゲーション「楽ナビ」の2019年夏モデルやドライブレコーダーなどカロッツェリア製品を発表した。

今回発表した新製品は以下のとおり。

■楽ナビ

楽ナビ史上最高の高画質と使いやすさを実現

地図やTVなどをHD解像度の高画質で表示で表示するとともに、使いやすいインターフェースを新たに採用。具体的には従来比2.4倍の解像度「HDパネル(276万4800画素)」や、高品位パーツを搭載。これに加えて、従来比70倍の色階調表現(1677万色)に対応するとともに、高画質メディアの映像伝送経路をフルデジタル化することで、美しく高精細な地図表示や映像表現を実現した。

また、「楽ナビ」の特徴でもある高性能なナビやAV能力に加え、使いやすさを追求した新インターフェース「ターゲットインターフェース」を採用。ドライバーの好みに合わせて、操作性とデザイン性をさらに高めた「おすすめモード」と、デジタル機器や運転に不慣れな人にもわかりやすい「カンタンモード」の2つから表示モードが選べる。

ラインアップは、上位機種として8インチ大画面の「AVIC-RL910」(価格はオープン、実勢価格は12万4200円前後)、200mmワイド画面の「AVIC-RW910」(同10万2600円前後)、2DINサイズの「AVIC-RZ910」(同10万2600円前後)の3タイプの画面を設定。スタンダードモデルに8インチ画面「AVIC-RL710」(同10万2600円前後)、200mmワイド画面「AVIC-RW710」(同8万1000円前後)、2DINサイズ「AVIC-RZ710」(同8万1000円前後)を用意し、全6機種での展開となる。発売は2019年6月。

 

〈ハイエンドモデル〉

●8V型HD画面搭載「AVIC-RL910」
●200mmワイドサイズ7V型画面搭載「AVIC-RW910」
●2DINサイズ7V型画面搭載「AVIC-RZ910」

 

〈スタンダードモデル〉

●8V型HD画面搭載「AVIC-RL710」
●200mmワイドサイズ7V型画面搭載「AVIC-RW710」
●2DINサイズ7V型画面搭載「AVIC-RZ710」

 

「楽ナビ」の詳しい情報はこちら

 


■ドライブレコーダー

2カメラタイプをはじめ、暗さに強く、安心性能を備えた

交通事故や交通トラブルの際の映像を記録するドライブレコーダーの需要はますます高まっている。そんななか、昼間の走行だけでなく、夜間や暗所での撮影や駐車中の監視など、使用シーンの多様化も進んでいる。これを受けて、パイオニアはドライブレコーダーの新製品として7機種をラインアップ。

今回発売するドライブレコーダーは高感度・高画質を実現するソニー製CMOSセンサー「STARVIS(スタービス)」を採用。従来のドライブレコーダーに比べて1/100以下の光量でも撮影画可能な「ナイトサイト」を搭載。夜間走行時のクルマのナンバープレートや街灯のない駐車場での周辺状況など、暗闇でも鮮明な映像を2つのカメラで記録する。

また、スマートフォンとWi-Fi接続(一部モデル)することで、手もとで記録画像を確認できるほか、機能設定なども行える。記録映像はスマートフォン本体にも保存が可能だ。

2カメラタイプには、前方走行映像に加え、後方もしくは車内を録画可能な「デュアルレコーディング機能」を搭載したモデルを3機種設定。

前方カメラ一体型の本体に後方撮影用カメラを備えた「VREC-DZ700DLC」(価格はオープン、実勢価格は3万7800円前後)、車内撮影用カメラを備えた「VREC-DZ700DSC」(同3万7800円前後)と、前後撮影用小型のカメラを2個、モニター付き本体をセットにした「VREC-DS500DC」(同3万2400円前後)がある。

1カメラタイプは、本体に内蔵したカメラを車内側に回転させれば、駐車中の車内を記録して車上荒らしなどを監視カするメラとして活用できる「VREC-DZ600C(24時間駐車監視対応)」(同2万3760円前後)と「VREC-DZ600」(同2万3760円前後)、機能を絞り安価な価格設定としたドライブレコーダーのエントリーモデル「VREC-DZ200」(同1万6200円前後)、そしてコンパクトなボディでモニターを持たないシンプル設計の「VREC-DH200」(同1万6200円前後)の5機種、全7機種をラインアップした。2019年7月発売(VREC-DS500Cは8月発売)。

 

〈2カメラタイプ〉

●車外撮影用カメラ付属の「VREC-DZ700DLC」(セカンドカメラ配線ケーブル:ロングタイプ、Wi-Fi接続対応、24時間駐車監視対応)
●車内撮影用カメラ付属の「VREC-DZ700DSC」(セカンドカメラ配線ケーブル:ショートタイプ、Wi-Fi接続対応、24時間駐車監視対応)
●前後カメラと本体がセパレート型「VREC-DS500DC」(Wi-Fi接続対応、24時間駐車監視対応)

 

〈1カメラタイプ〉

●レンズ部の回転で車内撮影に対応する「VREC-DZ600C」(Wi-Fi接続対応、24時間駐車監視対応)/VREC-DZ600」(Wi-Fi接続対応、シガープラグ付属で簡単取り付けタイプ)
●モニターレスの超小型モデル「VREC-DH200」(Wi-Fi接続対応)
●ベーシックモデル「VREC-DZ200」

 

ドライブレコーダーの詳しい情報はこちら

 


■プライベートモニター

より多くの車種に取り付けられる新機構を採用

今回発売するプライベートモニターは、「凹型形状シート」や輸入車などヘッドレストが外れないシートにも取り付けられる新機構を採用。従来モデル同様に高輝度LEDバックライトを採用した9V型ワイドVGA飽き性パネル(約115万画素)により、臨場感あふれる映像を楽しめる。

ラインアップはモニター取り付け位置が高いハイポジションタイプの「TVM-PW930」(価格はオープン、実勢価格は3万2400円前後)と、これが2個セットになった「TVM-PW930T」(同5万7240円前後)、モニター取り付け位置が低いローポジションタイプの「TVM-PW920」(同3万2400円前後)と、同じく2個セットの「TVM-PW920T」(同5万7240円前後)の4機種。発売は2019年7月。

 

〈ハイポジションタイプ〉

●「TVM-PW930」
●「TVM-PW930T」(2個セット)

 

〈ローポジションタイプ〉

●「TVM-PW920」
●「TVM-PW920T」(2個セット)

 

プライベートモニターの詳しい情報はこちら

 


■ディスプレイオーディオ

「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応

2DINメインユニットタイプのディスプレイオーディオのエントリーモデルとして「FH-8500DVS」を新たにラインアップ。これはiPhoneやスマートフォンを接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto」の各サービスを車載器のディスプレイに表示し、タッチパネルで直感的に操作できるものだ。また、ブルートゥースによるハンズフリー通話や楽曲のワイヤレス再生などiPhoneやスマートフォンを車内で快適に利用できる。

ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生やフルHD画質の動画再生など、幅広いファイルフォーマットの音楽や映像再生に対応する。価格はオープン、実勢価格は4万3200円前後。発売は2019年6月。

 

●「FH-8500DVS」

 

ディスプレイオーディオの詳しい情報はこちら

 


■BMW専用スピーカー

BMW専用設計のカスタムフィットスピーカー

BMW用にチューニングを施し、ハイレゾ音源に対応したBMW専用スピーカー「TS-H101-BM」を発売。2.9cmツイーター付き10cmウーハーの構成で、”Open & Smooth”コンセプトによる広い音場と豊かな情報量で臨場感のある音を再生する。付属のBMW用専用サウンドチューニングキットを使って、音質劣化の要因でもあるドアの振動などを低減し、車内の音場を補正。理想的な音響空間を作り、スピーカー本来の音を楽しめる。

対応車種は、1シリーズ(F20型、2011年〜)、2シリーズ(F45型、2014年〜)、3シリーズ(F30/F31型、2012年〜)、4シリーズ(F33型、2014年〜)、ミニ(F55/F60型、2013年〜)。上記車種の取り付け説明書が付く。価格は3万2400円。発売は2019年6月。

 

●「TS-H101-BM」

 

BMW専用カスタムフィットスピーカーの詳しい情報はこちら

 


■サブウーハー

コンパクトで豊かな重低音を実現

コンパクトなパワードサブウーハー「TS-WX400DA」。スピーカーユニットを下に向け設置した独自の「ダウンファイヤリング方式」と大口径ウーハーの採用で、低音の放射効率を上げることで、小型サイズ(幅300mm×高さ100mm×奥行き200mm)ながら高出力な低音再生を実現する。これまで小型のサブウーハーではもの足りなかったSUVやミニバンでも力強い低音が楽しめる。価格は3万2400円。2019年6月発売。

 

●「TS-WX400DA」
●TS-WX400DAのリモコン

 


■サウンドチューニングキット

最適音響環境を実現する車種専用キット

車種ごとに最適な音響空間を実現する「サウンドチューニングキット」。車種専用パッケージ「UD-S701/S702/S703」はドアの内部で発生する不要な共振など、音質の劣化要因を車種ごとに解析し、独自開発の音響パーツと取り付け位置マニュアルをセットしにしたもの。車種専用のマニュアルに沿って取り付けるだけで、最適な音響補正を実現。対応車種は、国産車約30車種。価格は7020円。発売は2019年7月。対応車種と適合品番の詳細はこちら

●「UD-S701」

 

また、ドアポケットに貼り付けるだけで気軽に音質を向上できるインカーチューニングマット「UD-S501」もラインアップした。価格は3240円。発売は2019年7月。

●「UD-S501」

 

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ>

パイオニア

TEL:0120-944-111

https://jpn.pioneer/ja/